○宮田村保小中学校あり方検討委員会設置要綱

令和2年9月16日

告示第92号

(目的)

第1条 この要綱は、宮田村立保育園、小中学校の将来のあり方について研究するため、宮田村保小中学校あり方検討委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

(参加者)

第2条 村長は、次に掲げる者のうちから、委員会への参加を求めるものとする。

(1) 見識を有する者

(2) 関係機関・関係団体の代表者

(3) 前2号に掲げる者のほか、村長が必要と認める者

(任期)

第3条 委員の任期は、委員会の目的が達成されたときまでとする。

2 補欠委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(委員長及び副委員長)

第4条 委員会に委員長、副委員長各1名を置き、委員が互選する。

2 委員長は、委員会の会務を総理し、委員会を代表する。

3 副委員長は委員長を補佐し、委員長に事故あるときは、その職務を代理する。

(会議)

第5条 委員会の会議は委員長が招集し、委員長は会議の議長となる。

2 委員会に、必要に応じて部会を置くことができる。

(意見の聴取)

第6条 委員長が必要と認めるときは、関係者の出席を求め、説明又は意見を聴くことができる。

(庶務)

第7条 委員会の庶務は、教育委員会において処理をする。

(補則)

第8条 この要綱に定めるもののほか必要な事項は、村長が別に定める。

附 則

この要綱は、公布の日から施行する。

宮田村保小中学校あり方検討委員会設置要綱

令和2年9月16日 告示第92号

(令和2年9月16日施行)

体系情報
第11編 育/第3章 学校教育
沿革情報
令和2年9月16日 告示第92号