○瑞穂町特殊疾病患者福祉手当条例

平成4年3月10日

条例第13号

(目的)

第1条 この条例は、原因が不明で治療方法が確立されていない疾病のうち、その経過が慢性にわたる等特殊な疾病(以下「特殊疾病」という。)にかかっている者に対し、特殊疾病患者福祉手当(以下「手当」という。)を支給することにより、これらの者の福祉の増進に寄与することを目的とする。

(平成18条例26・全改)

(支給要件)

第2条 手当は、瑞穂町の区域内に住所を有する者で、規則に定める特殊疾病にかかっている者(以下「特殊疾病患者」という。)に対して支給する。ただし、特殊疾病患者が20歳未満であるときは、その者を保護している者に支給する。

2 前項の規定にかかわらず、特殊疾病患者が次の各号のいずれかに該当するときは、手当を支給しない。

(1) その者の瑞穂町児童育成手当条例(昭和46年条例第23号)に定める保護者が、その者に係る同条例に基づく障害手当を受給しているとき。

(2) 瑞穂町心身障害者福祉手当条例(昭和48年条例第12号)に基づく手当を受給しているとき。

(3) 規則で定める施設に入所しているとき。

(平成18条例26・旧第3条繰上・一部改正)

(手当の額)

第3条 手当は、月を単位として支給し、その額は月額5,000円とする。

(平成18条例26・旧第4条繰上)

(受給資格の認定)

第4条 手当を受けようとする者は、町長に申請し、受給資格の認定(以下「認定」という。)を受けなければならない。

(平成18条例26・旧第5条繰上)

(支給期間)

第5条 手当は、認定の申請をした日の属する月から手当を支給すべき事由が消滅した日の属する月まで支給する。

2 前項の規定にかかわらず、次の各号に掲げる場合には、当該各号に定める月から支給する。

(1) 災害その他やむを得ない事由により、認定の申請をすることができなかった場合において、当該事由がやんだ後15日以内にその申請をしたときは、当該事由により認定の申請をすることができなかった日の属する月

(2) 認定の申請をした日の属する月について、他の市町村において、この条例による手当と同種の手当が支給される場合は、当該同種の手当が支給される月の翌月

(平成18条例26・旧第6条繰上)

(支払時期)

第6条 手当は、毎年4月、8月及び12月の3期にそれぞれ前月までの分を支払う。ただし、町長が特別の事情があると認めるときは、この限りでない。

(平成18条例26・旧第7条繰上・一部改正)

(受給資格の消滅)

第7条 受給資格は、第4条の認定を受けた者(以下「受給者」という。)次の各号のいずれかに該当するに至ったときは、消滅する。

(1) 死亡したとき。

(2) 第2条に規定する支給要件を備えなくなったとき。

(3) 手当を辞退したとき。

(平成18条例26・旧第8条繰上・一部改正)

(手当の返還)

第8条 偽りその他不正の手段により、手当を受けた者があるときは、町長は、その者に係る認定の取消しをし、当該手当を返還させることができる。

(平成18条例26・旧第9条繰上)

(届出)

第9条 受給者は、次の各号のいずれかに該当するときは、速やかにその旨を町長に届け出なければならない。

(1) 第7条の規定に該当したとき。

(2) 住所又は氏名を変更したとき。

(3) 町長が特に必要と認める事項に該当したとき。

(平成18条例26・旧第10条繰上・一部改正)

(状況調査)

第10条 町長は、必要があると認めるときは、受給者の受給資格について、調査を行うことができる。

(平成18条例26・旧第11条繰上)

(委任)

第11条 この条例の施行に関し必要な事項は、町長が別に定める。

(平成18条例26・旧第12条繰上)

この条例は、平成4年4月1日から施行する。

(平成5年3月11日条例第8号)

この条例は、平成5年4月1日から施行する。

(平成5年12月13日条例第23号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成6年12月15日条例第21号)

この条例は、公布の日から施行し、平成6年10月1日から適用する。

(平成7年3月9日条例第10号)

この条例は、公布の日から施行し、平成7年1月1日から適用する。

(平成7年12月8日条例第25号)

この条例は、公布の日から施行し、平成7年10月1日から適用する。

(平成8年3月8日条例第7号)

この条例は、公布の日から施行し、平成8年1月1日から適用する。

(平成9年3月10日条例第7号)

この条例は、公布の日から施行し、平成9年1月1日から適用する。

(平成10年3月10日条例第11号)

この条例は、公布の日から施行し、平成10年1月1日から適用する。

(平成10年6月10日条例第19号)

この条例は、公布の日から施行し、平成10年5月1日から適用する。

(平成10年12月10日条例第28号)

この条例は、公布の日から施行し、平成10年10月1日から適用する。

(平成11年3月5日条例第13号)

この条例は、公布の日から施行し、平成10年12月1日から適用する。

(平成11年6月10日条例第22号)

この条例は、公布の日から施行し、平成11年4月1日から適用する。

(平成12年6月9日条例第31号)

この条例は、公布の日から施行し、平成12年4月1日から適用する。

(平成13年9月10日条例第15号)

この条例は、公布の日から施行し、平成13年5月1日から適用する。

(平成14年6月10日条例第20号)

この条例は、平成14年10月1日から施行する。

(平成15年9月12日条例第22号)

この条例は、平成15年10月1日から施行する。

(平成17年9月28日条例第24号)

この条例は、平成17年10月1日から施行する。

(平成18年6月23日条例第26号)

この条例は、公布の日から施行する。

瑞穂町特殊疾病患者福祉手当条例

平成4年3月10日 条例第13号

(平成18年6月23日施行)

体系情報
第8編 生/第1章 社会福祉/第4節 障害者福祉
沿革情報
平成4年3月10日 条例第13号
平成5年3月11日 条例第8号
平成5年12月13日 条例第23号
平成6年12月15日 条例第21号
平成7年3月9日 条例第10号
平成7年12月8日 条例第25号
平成8年3月8日 条例第7号
平成9年3月10日 条例第7号
平成10年3月10日 条例第11号
平成10年6月10日 条例第19号
平成10年12月10日 条例第28号
平成11年3月5日 条例第13号
平成11年6月10日 条例第22号
平成12年6月9日 条例第31号
平成13年9月10日 条例第15号
平成14年6月10日 条例第20号
平成15年9月12日 条例第22号
平成17年9月28日 条例第24号
平成18年6月23日 条例第26号