○真岡市立図書館並びに真岡市立二宮図書館の設置及び管理条例

昭和56年10月1日

条例第23号

(設置)

第1条 図書館法(昭和25年法律第118号。以下「法」という。)の規定に基づき、市民の文化、教養、調査研究及びレクリエーション等に資するため、図書及びその他の図書館資料の提供を主とする諸活動をすすめることを目的とし、真岡市立図書館及び真岡市立二宮図書館(以下「図書館」という。)を設置する。

(名称及び位置)

第2条 図書館の名称及び位置は、次のとおりとする。

名称

位置

真岡市立図書館

真岡市田町1341番地1

真岡市立二宮図書館

真岡市石島893番地15

(開館時間及び休館日)

第3条 図書館の開館時間は、午前9時から午後7時までとする。ただし、土曜日、日曜日及び国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に規定する休日(以下「祝日法による休日」という。)については、午前9時から午後6時までとする。

2 図書館の休館日は、次のとおりとする。

(1) 毎週月曜日。ただし、当該日が祝日法による休日に当たる場合は、その翌日とする。

(2) 年末年始(12月29日から翌年の1月3日まで)

(3) 図書館資料特別整理期間(年10日以内)

3 真岡市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、特に必要があると認めるときは、臨時に休館し、又は開館時間若しくは休館日を変更することができる。

(利用及び入館の制限)

第4条 教育委員会は、図書館を利用する者(以下「利用者」という。)次の各号のいずれかに該当するときは、施設及び附属する設備の利用並びに入館を拒否することができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗を乱すおそれがあるとき。

(2) 施設又は附属する設備等を汚損、損傷又は滅失させるおそれがあるとき。

(3) 他の利用者に迷惑を及ぼすおそれがあるとき。

(4) 前3号に掲げるもののほか、管理運営上支障があると認めるとき。

(損害賠償)

第5条 利用者は、図書館資料又は設備、器具等を甚だしく汚損し、若しくは破損し、又は紛失したときは、教育委員会の指示するところにより原状に復し、又は損害を賠償しなければならない。ただし、教育委員会が特に認めた場合は、この限りではない。

(図書館協議会)

第6条 図書館の運営に関し、法第14条の規定に基づき、図書館協議会(以下「協議会」という。)を置く。

2 協議会の委員(以下「委員」という。)は、学校教育及び社会教育の関係者、家庭教育の向上に資する活動を行う者並びに学識経験のある者の中から、教育委員会が委嘱する。

3 協議会は、委員10名以内をもって組織する。

4 委員の任期は2年とする。ただし、補欠による委員の任期は、前任者の残任期間とする。

(手数料)

第7条 図書館資料の複写手数料は、複写1枚につき100円の範囲内において、規則で定める額とする。

2 教育委員会は、特に必要があると認めるときは、手数料の全部又は一部を免除することができる。

(指定管理者による管理)

第8条 教育委員会は、図書館の設置の目的を効果的に達成するため、その管理を法人その他の団体であって教育委員会が指定するもの(以下「指定管理者」という。)に行わせることができる。

(指定管理者の業務の範囲)

第9条 指定管理者は、次に掲げる業務を行うものとする。

(1) 法第3条に規定する事業に関すること。

(2) 図書館の維持管理に関すること。

(3) 図書館の利用及びその制限に関すること。

(4) 図書館の運営に関すること。

(5) 前4号に掲げる業務に附帯する業務を行うこと。

2 指定管理者に前項に規定する業務を行わせる場合は、第3条第3項中「真岡市教育委員会(以下「教育委員会」という。)は、特に必要があると認めるときは」とあるのは「指定管理者は、特に必要があると認めるときは、あらかじめ教育委員会の承認を得て」と、第4条及び第7条第2項中「教育委員会」とあるのは「指定管理者」と読み替えるものとする。

(委任)

第10条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は、教育委員会が別に定める。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(平成20年条例第26号)

この条例は、平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成24年条例第20号)

この条例は、平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年条例第31号)

この条例は、平成26年4月1日から施行する。

真岡市立図書館並びに真岡市立二宮図書館の設置及び管理条例

昭和56年10月1日 条例第23号

(平成26年4月1日施行)