○真岡市高齢者運転免許証自主返納支援タクシー事業実施要綱

平成29年3月16日

告示第16号

(目的)

第1条 この要綱は、高齢者の運転による交通事故を減少させるため、高齢者の運転免許証自主返納制度の利用を促進するとともに、運転免許証の自主返納による不便の軽減を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 運転免許証 道路交通法(昭和35年法律第105号)第92条第1項に規定する運転免許証であって、有効期限内にあるものをいう。

(2) 自主返納 道路交通法第104条の4第1項の規定により、公安委員会に対しすべての免許の取消しを申請し、自主的に運転免許証を返納することをいう。

(3) 取消通知書 すべての免許の取消しを申請した際に道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号)第30条の9第4項の規定により交付される通知書をいう。

(4) 運転経歴証明書 道路交通法第104条の4第6項の規定により交付される証明書をいう。

(5) 免許返納タクシー 民間業者が所有するタクシーで、運転免許証自主返納者の乗車について市長と契約したタクシーをいう。

(対象者)

第3条 免許返納タクシーを利用できる者(以下「利用者」という)は、市内に住所を有し、真岡市高齢者運転免許証自主返納支援事業実施要綱(平成28年告示第23号)に規定する支援の決定を受けた者とする。ただし、真岡市老人福祉タクシー事業実施要綱(平成4年告示第13号)に規定するタクシー利用券の交付を受けている者を除く。

(申請)

第4条 支援を受けようとする者は、免許返納タクシー利用券交付現況届(申請書)(様式第2号)を、市長に提出しなければならない。

(支援)

第5条 市長は、利用者に対し、免許返納タクシー利用券(様式第1号。以下「利用券」という。)を、月3枚の割で年間36枚を限度として交付するものとする。

2 前項の利用券の有効期間は、当該年度の3月31日までとする。

3 利用者が、免許返納タクシーを利用した場合の助成金は、利用券1枚につき500円とする。

(利用方法)

第6条 利用者は、免許返納タクシーを利用する場合には、乗車1回につき利用券3枚以内を当該タクシーの運転手に渡すものとする。

(資格の喪失)

第7条 利用者は、第3条に規定する要件を有しなくなったときは、その資格を喪失するものとする。

(禁止事項)

第8条 利用者は、交付を受けた免許返納タクシー利用券を、本人以外の第三者に転貸し、又は譲渡してはならない。

(助成金の返還)

第9条 市長は、利用者が偽りその他不正な手段により助成を受けたときは、その者から当該助成金を返還させることができる。

(契約業者への支払)

第10条 契約業者は、毎月10日までに、前月分の免許返納タクシー利用状況報告書(様式第3号)に利用券を添付し、市長に請求するものとする。

2 市長は、前項の報告書に基づき、当該助成金を契約業者に支払うものとする。

(補則)

第11条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は市長が別に定める。

附 則

(適用期間)

1 この要綱は、平成29年4月1日から適用する。

(経過措置)

2 この要綱の適用の際、現に真岡市高齢者運転免許証自主返納支援事業実施要綱による支援の決定を受けている者については、真岡市高齢者運転免許自主返納支援タクシー事業実施要綱第3条による対象者とみなす。

改正文(令和2年告示第53号)

令和2年4月1日から適用する。

画像

画像

画像

真岡市高齢者運転免許証自主返納支援タクシー事業実施要綱

平成29年3月16日 告示第16号

(令和2年3月23日施行)