○長崎大学監事監査規則

平成16年4月1日

規則第7号

(趣旨)

第1条 この規則は,国立大学法人法(平成15年法律第112号。以下「法人法」という。)第11条第4項,第6項及び第9項の規定に基づき,国立大学法人長崎大学(以下「本学」という。)の業務について監事が行う監査及び意見の提出に関し必要な事項を定めるものとする。

(監査の目的)

第2条 監査は,本学の業務の合理的かつ効率的な運営を図るとともに,会計経理の適正を期することを目的とする。

(監査の対象)

第3条 監査は,本学の業務及び会計について行う。

(監査の方法)

第4条 監査は,定期監査及び臨時監査とし,書面又は実地により行う。

2 定期監査は,業務の監査にあっては毎年度1回行い,会計の監査にあっては毎月及び毎年度決算時に行う。

3 臨時監査は,監事が必要と認めたときに行う。

(監査計画)

第5条 監事は,毎年度初めに監査計画を作成し,速やかに学長に提出するものとする。ただし,臨時監査については,この限りでない。

(役員会等への出席)

第6条 監事は,役員会,経営協議会,教育研究評議会その他重要な会議に出席し,意見を述べることができる。

(監査の補助)

第7条 監事は,学長の承認を得て,職員に監査に関する事務を補助させることができる。

2 前項に規定する職員は,監査業務上知り得た秘密を漏らしてはならない。

(監査の協力)

第8条 監事は,必要に応じ,役員及び職員に対して質問し,説明及び資料の提出を求めることができる。

2 役員及び職員は,監事(監査の事務補助に従事する職員を含む。)が行う監査に協力しなければならない。

(監査報告の作成等)

第9条 監事は,監査終了後,1月以内に監査報告を作成し,学長に提出しなければならない。

2 前項の場合において,監事は,必要があると認めるときは,意見を付すことができる。

(改善措置等)

第10条 学長は,前条第2項の意見に基づき改善すべき事項があるときは,速やかに改善措置を講じ,その結果を監事に通知しなければならない。

(文部科学大臣への意見の提出)

第11条 監事は,法人法第11条第9項の規定に基づき,文部科学大臣に意見を提出するときには,あらかじめ学長にその旨を通知しなければならない。

(回覧及び調査に係る文書)

第12条 次に掲げる文書は,監事に回覧しなければならない。

(1) 文部科学大臣に対する認可又は承認の申請書その他の重要文書

(2) 文部科学大臣からの認可書,承認書その他の重要文書

(3) 国立大学法人評価委員会からの重要文書及び同委員会に提出する重要文書

(4) 会計検査院に提出する重要文書

(5) 前各号以外の官公庁から発せられた重要文書

(6) 業務に関する重要な報告書その他の重要文書

2 監事は,前項第1号に規定する文書のうち,文部科学大臣に対する認可,承認,認定及び届出に係る書類並びに報告書その他の文部科学省令で定める書類については,文部科学大臣に提出する前に調査しなければならない。

(事故又は異例の事態の監事への報告)

第13条 業務上の事故又は異例の事態が発生したときは,関係職員は,速やかにその旨を口頭又は文書で監事に報告しなければならない。

(補則)

第14条 監査の手続その他この規則の実施に関し必要な事項は,学長と協議の上,監事が別に定める。

附 則

この規則は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月27日規則第12号)

この規則は,平成27年4月1日から施行する。

長崎大学監事監査規則

平成16年4月1日 規則第7号

(平成27年4月1日施行)