○長崎大学文教地区体育施設使用規程

平成16年4月1日

規程第17号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学(以下「本学」という。)の文教地区における体育施設(以下「体育施設」という。)の使用について必要な事項を定めるものとする。

(施設の名称)

第2条 体育施設の名称は,次に掲げるとおりとする。

(1) 総合運動場

(2) 総合体育館

(3) 補助体育館

(4) テニスコート

(5) ハンドボールコート

(6) バレーボールコート

(使用の基準)

第3条 体育施設は,本学における保健体育活動の向上及び充実を図るため,保健体育に関する授業及び行事並びに学生の課外体育活動その他の保健体育活動に使用させるものとする。

(使用順位)

第4条 体育施設使用の優先順位は,原則として,次に掲げるとおりとする。

(1) 保健体育に関する授業

(2) 保健体育に関する研究及び行事

(3) 課外体育活動

 学生体育団体が主管する体育行事

 学生体育団体が使用する場合

 学生又は職員が使用する場合

(4) その他学長が必要と認める体育行事

(使用手続)

第5条 前条第1号の規定により体育施設を使用するに当たっては,教育学部長及び教養教育実施専門部会部会長は,毎学期の初めに,あらかじめ使用日程を学長に通知しなければならない。

2 前条第2号並びに第3号ア及びの規定により体育施設を使用するときは,所定の使用願を使用予定日の14日前までに学生支援部学生支援課に提出し,学長の承認を得なければならない。

3 前条第3号ウの規定により体育施設を使用するときは,所定の使用願を使用予定日の5日前までに学生支援部学生支援課に提出し,学長の承認を得なければならない。

4 学生又は職員が短時間使用する場合で,体育施設の使用予定がないときは,事情に応じ,体育施設を随時使用させることがある。この場合において,総合体育館事務室に届け出なければならない。

(使用順位等の調整)

第6条 体育施設の使用日程,使用順位等について調整の必要がある場合は,第4条の規定にかかわらず,学長が調整を行う。

(使用の中止)

第7条 使用の承認を受けた後,使用を中止しようとするときは,速やかに学長に届け出なければならない。

(転貸の禁止)

第8条 使用者は,使用時間中第三者に一部又は全部を転貸してはならない。

(使用承認の取消し)

第9条 体育施設の使用承認後においても,次の各号の一に該当する場合は,使用承認を取り消し,又は使用の停止を命ずることがある。

(1) 使用承認の目的に違背し,又は使用承認についての条件を履行しないとき。

(2) 使用願に虚偽の記載があったとき。

(3) 使用の承認をした体育施設を,学長が本学において特に使用する必要があると認めたとき。

(使用の特例)

第10条 本学以外の者の体育施設使用については,第3条に規定する使用に支障を来さない場合に限り,長崎大学固定資産管理規程(平成16年規程第84号)の定めるところにより,使用させることができる。

(事務)

第11条 体育施設の使用に関する事務は,学生支援部学生支援課において処理する。

(補則)

第12条 この規程に定めるもののほか,各体育施設の使用に関し必要な事項は,別に定める。

附 則

この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成18年2月28日規程第5号)

この規程は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成23年4月1日規程第27号)

この規程は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成24年3月29日規程第16号)

1 この規程は,平成24年4月1日から施行する。

長崎大学文教地区体育施設使用規程

平成16年4月1日 規程第17号

(平成24年4月1日施行)