○長崎大学国際交流会館規則

平成16年4月1日

規則第25号

(設置)

第1条 長崎大学(以下「本学」という。)に,長崎大学国際交流会館(以下「会館」という。)を置く。

(目的)

第2条 会館は,本学の教育及び研究に係る国際交流の促進に寄与することを目的とする。

(施設)

第3条 会館に,国際交流事業のための施設(以下「交流施設」という。)並びに外国人留学生及び外国人研究者(以下「留学生等」という。)を宿泊させるための施設(以下「宿泊施設」という。)を設ける。

2 会館に,留学生等の宿泊施設として坂本分館(以下「分館」という。)を置く。

(職員)

第4条 会館に,次に掲げる職員を置く。

(1) 館長

(2) 会館主事

(3) その他必要な職員

第5条 館長は,学長をもって充てる。

2 館長は,会館の業務を掌理する。

第6条 会館主事は,本学の教授のうちから学長が任命する。

2 会館主事は,館長の命を受け,会館の業務を処理するとともに,留学生等の生活上の諸問題についての指導及び助言を行う。

3 会館主事の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。

(会館の運営に関する事項の審議)

第7条 会館の運営に関する事項の審議は,長崎大学留学生教育・支援センター運営委員会において審議する。

(交流施設の利用)

第8条 会館の交流施設は,次に掲げる事業のうち館長が適当と認めるものに供するものとする。

(1) 外国人研究者と本学教職員との学術交流

(2) 留学生等と本学教職員,学生との交流

(3) 日本事情等に関する各種講座の実施

(4) その他国際交流に関する事業

(入居資格)

第9条 会館及び分館の宿泊施設に入居できる者は,次の各号の一に該当するものとする。

(1) 本学に在学する外国人留学生及びその家族

(2) 本学への入学を許可された外国人留学生及びその家族

(3) 学術交流のため本学が受け入れた外国人研究者(長崎大学職員就業規則(平成16年規則第44号)第2条第2号から第4号までに掲げる者を除く。以下同じ。)及びその家族

(4) 会館及び分館に入居中の外国人留学生に係る生活相談等を行うことを目的として配置されるチューター(以下「チューター」という。)

(5) 館長が適当と認めた者

(入居の許可)

第10条 会館に入居を希望する者は,館長に願い出て,その許可を得なければならない。

2 前項の許可は,選考の上行う。

(入居)

第11条 入居の許可を受けた者(以下「入居者」という。)は,所定の期日までに入居し,所要の手続をしなければならない。

(寄宿料等の納付)

第12条 入居者のうち,外国人留学生及びチューターにあっては寄宿料を,外国人研究者にあっては使用料を納付しなければならない。

2 既納の寄宿料又は使用料は,返還しない。

(寄宿料の額及び徴収方法)

第13条 外国人留学生及びチューターの寄宿料の額及びその徴収方法は,長崎大学授業料,入学料,検定料及び寄宿料徴収規程(平成16年規程第92号)の定めるところによる。

(使用料の額及び徴収方法)

第14条 外国人研究者が納付しなければならない使用料の月額は,別表に掲げるとおりとする。

2 月の中途において入居又は退去しようとする者のその月の使用料の額は,日割りにより計算した額とする。

3 前項の規定にかかわらず,入居を許可された期間が1月に満たない者の使用料の額は,前項により算出した額に100分の105を乗じて得た額とする。

4 前各項に規定する使用料は,毎月学長が指定した期日までに納入しなければならない。ただし,月の中途において入居し,その月又は翌月の中途で退去しようとする者の使用料は,一括して前納しなければならない。

(光熱水料等)

第15条 留学生等及びチューターが使用する電気,ガス,水道等の料金(以下「光熱水料等」という。)は,留学生等及びチューターが私用分として実費を負担するものとする。

2 光熱水料等の負担区分及び徴収方法については,館長が別に定める。

(入居期間等)

第16条 入居者の入居期間は,1年以内とする。ただし,特別の理由がある場合は,入居期間の延長を認めることがある。

2 入居期間の延長を希望する者は,館長に願い出て,その許可を得なければならない。

(遵守事項)

第17条 入居者は,会館の施設,設備,備品等の保全並びに防火,防災及び保健衛生に留意しなければならない。

第18条 入居者は,入居を許可されていない者を会館に宿泊させてはならない。

第19条 入居者は,前2条に定めるもののほか,別に定める事項を遵守しなければならない。

(損害賠償)

第20条 入居者がその責に帰すべき理由により,会館の施設,設備,備品等を滅失又は損傷したときは,直ちに館長に届け出るとともに,その損害を賠償しなければならない。

(入居の許可の取消)

第21条 館長は,入居者が次の各号の一に該当するときは,入居の許可を取り消すことができる。

(1) 第11条に規定する所定の期日までに入居しないとき。

(2) 第12条に規定する寄宿料又は使用料及び第15条に規定する光熱水料等の納付義務を履行しないとき。

(3) 前条に規定する損害賠償の義務を履行しないとき。

(4) 会館の管理運営に重大な支障を与えたとき又は与えるおそれがあるとき。

2 前項の規定により入居の許可を取り消された場合に入居者が被る損失については,本学はその責を負わないものとする。

(退去)

第22条 入居者が次の各号の一に該当するときは,速やかに会館から退去しなければならない。

(1) 第10条第1項及び第16条第2項の規定により許可された入居期間が満了したとき。

(2) 第9条に規定する入居資格を失ったとき。

(3) 前条第1項第2号から第4号までの規定に該当し,入居の許可が取り消されたとき。

(退去手続)

第23条 入居者が退去しようとするときは,館長に届け出なければならない。ただし,入居期間が1月未満の者及び入居の許可を取り消された者にあっては,この限りでない。

(退去の猶予)

第24条 入居者の退去に当たり,相当の理由がある場合は,退去の猶予を認めることがある。

2 退去の猶予を希望する者は,館長に願い出て,その許可を得なければならない。

(会館の事務)

第25条 会館に関する事務は,学生支援部留学支援課が行う。

(補則)

第26条 この規則に定めるもののほか,会館に関し必要な事項は,別に定める。

附 則

この規則は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月31日規則第22号)

この規則は,平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日規則第24号)

この規則は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月23日規則第16号)

この規則は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年6月30日規則第41号)

この規則は,平成20年7月1日から施行する。

附 則(平成22年3月24日規則第15号)

1 この規則は,平成22年4月1日から施行する。

2 平成22年3月31日現在会館又は分館に入居している外国人研究者が納付しなければならない使用料の月額については,改正後の別表の規定にかかわらず,なお従前の例による。

附 則(平成23年3月25日規則第9号)

この規則は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成25年9月27日規則第37号)

この規則は,平成25年10月1日から施行する。

附 則(平成30年6月26日規則第34号)

1 この規則は,平成30年7月1日から施行する。

別表(第14条関係)

居室の区分

使用料

国際交流会館

家族室

36,506円

夫婦室

26,231円

単身室

21,087円

国際交流会館坂本分館

単身室

8,177円

長崎大学国際交流会館規則

平成16年4月1日 規則第25号

(平成30年7月1日施行)

体系情報
第2編
沿革情報
平成16年4月1日 規則第25号
平成17年3月31日 規則第22号
平成18年3月31日 規則第24号
平成19年3月23日 規則第16号
平成20年6月30日 規則第41号
平成22年3月24日 規則第15号
平成23年3月25日 規則第9号
平成25年9月27日 規則第37号
平成30年6月26日 規則第34号