○長崎大学リサーチ・アシスタント取扱規程

平成16年4月1日

規程第55号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学(以下「本学」という。)の優秀な大学院学生に研究補助業務等を行わせる場合の取扱いについて,必要な事項を定めるものとする。

(名称)

第2条 前条の研究補助業務を行う大学院学生をリサーチ・アシスタントという。

(資格)

第3条 リサーチ・アシスタントになることのできる者は,本学大学院の博士課程(博士前期課程並びに前期2年及び後期3年の課程の区分を設けない博士課程の博士前期課程に相当するものを除く。)に在籍する学生とする。

2 前項の規定にかかわらず,長崎大学大学院学則(平成16年学則第2号)第7条の4に規定する卓越大学院プログラムにおいて,当該プログラムの研究活動に必要な研究補助業務に従事させる場合には,修士課程(博士前期課程並びに前期2年及び後期3年の課程の区分を設けない博士課程の博士前期課程に相当するものを含む。)に在籍する優秀な学生を採用することができるものとする。

(身分及び所属)

第4条 リサーチ・アシスタントは,パートタイマーとし,当該学生が在籍する研究科に所属するものとする。

(職務)

第5条 リサーチ・アシスタントは,本学における特定の研究課題又はテーマに共同して取り組むために一定期間編成される研究組織(以下「研究チーム」という。)が行う課題性をもった研究活動に研究補助者として参画し,当該研究チームの研究補助業務に従事する。

2 リサーチ・アシスタントは,受入れ教員(当該リサーチ・アシスタントに対して主として指導・助言を行う教員をいう。以下同じ。)の指導の下に,研究補助業務を通じて培われた知識及び経験を基にして自ら独創的な研究を試行することができる。

(勤務時間)

第6条 リサーチ・アシスタントの勤務時間は,原則として1週間当たり20時間を上限とし,通算120時間以上を標準とする。

2 前項の勤務時間は,当該学生の通常の研究指導,授業等に支障が生じないよう配慮しなければならない。

3 日本学術振興会特別研究員又はティーチング・アシスタントである者をリサーチ・アシスタントとして雇用する場合には,当該特別研究員の研究活動,ティーチング・アシスタントの教育補助業務等に支障が生じないように配慮するとともに,勤務形態の明確化,勤務時間の適正管理に特に留意しなければならない。

(申請及び選考)

第7条 リサーチ・アシスタントによる研究補助を必要とする研究チームの代表者は,研究補助業務の内容等を明示して,当該研究補助業務と密接な関係にある研究分野を有する研究科の長に申請するものとする。

2 前項の規定による申請を受けた研究科の長は,その申請に係る研究補助業務の内容が当該研究科の教育上適当であるか否かを審査し,審査の結果を研究チームの代表者に通知するものとする。

3 前項の審査の結果,適当であると認められた場合は,研究チームの代表者は,当該研究科の長と協議の上,リサーチ・アシスタントを選考する。

4 前項の規定による選考は,次の各号の一に該当し,研究補助業務の遂行能力があると認められる者について行う。

(1) 業務内容と密接な関連のある授業科目を優秀な成績で修めた者

(2) 研究科における研究状況が良好であり,所定の年限で修了が見込める者

(3) その他研究科の長が優秀と認めた者

(制度の適正な運用等)

第8条 研究チームの代表者は,リサーチ・アシスタントに対し次に掲げる措置を講じるなど,リサーチ・アシスタント制度の趣旨にのっとり,適正な運用に努めなければならない。

(1) 研究補助業務に関する事前の適切なオリエンテーションの実施

(2) 受入れ教員による継続的かつ適切な指導・助言

2 リサーチ・アシスタントが所属する研究科の長及び研究チームの代表者は連携して,リサーチ・アシスタント,受入れ教員及び当該リサーチ・アシスタントが在籍する研究科の研究指導教員から,随時当該研究補助業務等に関する意見を聴取しなければならない。

附 則

この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成23年1月25日規程第2号)

この規程は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月29日規程第20号)

この規程は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月11日規程第9号)

この規程は,令和2年4月1日から施行する。

長崎大学リサーチ・アシスタント取扱規程

平成16年4月1日 規程第55号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第4編
沿革情報
平成16年4月1日 規程第55号
平成23年1月25日 規程第2号
平成23年3月29日 規程第20号
令和2年3月11日 規程第9号