○長崎大学経済学部長候補者選考規程

平成16年4月1日

経済学部規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学部局長選考規則(平成16年規則第30号。以下「規則」という。)に基づき,長崎大学経済学部長候補者(以下「候補者」という。)の選考に関し必要な事項を定めるものとする。

(学部長の選考)

第2条 学部長の選考は,長崎大学経済学部運営会議(以下「運営会議」という。)が推薦した候補者について,学長が行う。

(選考の時期)

第3条 候補者の選考は,規則第3条第1号に該当する場合は任期満了の日の30日以前に,同条第2号から第4号までに該当する場合はその事由が生じた日から10日以内に行う。

(候補者の資格)

第4条 候補者となることのできる者は,教授会構成員の教授(教授予定者を含み,在任中の学部長で引き続き2期以上在任している者及び次期学部長の任期の初日までに定年により退職する者を除く。以下「被選挙資格者」という。)とする。ただし,やむを得ない事情により被選挙資格者となることを辞退する場合は,運営会議の承認を得なければならない。

(候補適任者の選考方法)

第5条 運営会議は,学部長候補適任者(以下「候補適任者」という。)の選考を行うため選挙を行う。

2 前項の選挙は,第1次選挙及び第2次選挙に分けて行う。

(選挙管理委員会)

第6条 運営会議は,前条の選挙を行うため,必要な期間,学部長候補者選挙管理委員会(以下「選挙管理委員会」という。)を置く。

2 選挙管理委員会は,教授会構成員の准教授,講師及び助教のうちから教授会において投票により選出された3人の委員をもって組織する。

3 選挙管理委員会に委員長を置き,委員の互選により選出する。

(選挙公示)

第7条 選挙の公示は,選挙管理委員会が行う。

(選挙日程)

第8条 第1次選挙は選挙公示日の翌日から起算して7日以内に,第2次選挙は第1次選挙日の翌日から起算して14日以内に行う。

2 第13条第3項の規定による決選投票を行う場合は,第2次選挙日に行う。ただし,やむを得ない理由があるときは,第2次選挙日の翌日から起算して7日以内に行う。

(選挙資格者)

第9条 選挙資格者は,教授会構成員とする。ただし,前条に規定する各選挙日において次の各号の一に該当する者は,選挙資格を有しないものとする。

(1) 休職中の者

(2) 育児休業中の者

(3) 出勤停止中又は停職中の者

(4) 海外渡航中の者

(5) 内地研究員として派遣されている者

2 前項ただし書の規定にかかわらず,次条第2項に規定する不在投票の期間のいずれかの日に前項各号のいずれにも該当しない者は,選挙資格を有するものとする。

(不在投票)

第10条 選挙資格者のうち,選挙日においてやむを得ない理由により不在となる者は,選挙管理委員会の承認を得て,不在投票を行うことができる。ただし,決選投票を第2次選挙日に行う場合には,不在投票を認めない。

2 不在投票の期間は,次に掲げる期間(日曜日,土曜日及び国民の祝日に関する法律に規定する日を除く。)とする。ただし,決選投票を第2次選挙日の翌日以降に行う場合は,選挙管理委員会が定める期間とする。

第1次選挙 選挙公示日から第1次選挙日の前日まで

第2次選挙 第12条第4項に規定する所信表明の日から第2次選挙日の前日まで

(選挙の成立要件)

第11条 選挙は,選挙資格者総数の3分の2以上の投票がなければ成立しない。

(候補適任者の選出及び所信表明)

第12条 第1次選挙においては,被選挙資格者のうちから候補適任者を2人連記の無記名投票によって選出する。

2 得票多数の者から3人を候補適任者として選出する。

3 前項の得票に末位同点者がある場合は,同点者全員を候補適任者とする。

4 前項までの規定により選出された候補適任者は,選挙資格者に対して所信表明を行うものとする。

(第一候補適任者の決定)

第13条 第2次選挙においては,前条の規定により選出された候補適任者のうちから第一候補適任者を単記無記名投票によって決定する。

2 前項の投票の結果,有効投票の過半数を得た者をもって第一候補適任者とする。

3 過半数を得た者がないときは,得票上位の者2人(得票同数のため2人を特定することができないときは抽選による。)について決選投票を行い,得票数の多い者をもって第一候補適任者とする。

4 前項の決選投票の結果,得票が同数の場合には,抽選によって第一候補適任者を決定する。

5 前項までにおいて,第一候補適任者とならなかった者は,それぞれ順位を付して候補適任者とする。

(運営会議への報告)

第14条 選挙管理委員会は,前条の規定による選挙結果を公示するとともに,運営会議及び教授会に選挙結果(候補適任者全員に係る順位に関する資料を含む。)を報告するものとする。

(候補者の決定)

第15条 運営会議は,前条の規定による報告に基づき候補者を決定し,選考過程に関する資料(候補者全員に係る順位に関する資料を含む。)を付して,学長に推薦するものとする。

(候補適任者及び候補者の辞退)

第16条 候補適任者及び候補者に選出された者は,正当な理由なしに辞退することはできない。

(再選考)

第17条 運営会議は,次の各号の一に該当する場合は,この規程により改めて候補適任者又は候補者の選考を行うものとする。

(1) 第11条の規定により,選挙が成立しなかった場合

(2) 候補適任者又は候補者全員が辞退した場合

2 前項の選考は,それぞれの事実を運営会議が確認した後速やかに行うものとする。

(補則)

第18条 この規程に定めるもののほか,候補者選考の細部に関し必要な事項は,別に定める。

附 則

この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月6日経済学部規程第4号)

この規程は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月27日経済学部規程第2号)

この規程は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年11月22日経済学部規程第2号)

この規程は,平成28年11月22日から施行する。

附 則(平成31年3月6日経済学部規程第3号)

この規程は,平成31年4月1日から施行する。

長崎大学経済学部長候補者選考規程

平成16年4月1日 経済学部規程第3号

(平成31年4月1日施行)