○長崎大学経済学部長候補者選考規程実施細則

平成16年4月1日

経済学部細則第1号

(趣旨)

第1条 この細則は,長崎大学経済学部長候補者選考規程(平成16年経済学部規程第3号。以下「規程」という。)第18条の規定に基づき,長崎大学経済学部長候補者選考の細部に関し必要な事項を定めるものとする。

(選挙管理委員会)

第2条 学部長候補者選挙管理委員会(以下「選挙管理委員会」という。)は,学部長の任期満了の日の2月前までに設置するものとする。ただし,学部長の辞任,欠員又は解任による場合は,この限りでない。

2 選挙管理委員会委員の任期は,学部長候補者選考のための経済学部運営会議(以下「運営会議」という。)において学部長候補者が決定された日までとする。

3 選挙管理委員会は,選挙公示日の7日前までに選挙日程を作成し,運営会議の承認を得るものとする。ただし,学部長の辞任,欠員又は解任による場合は,この限りでない。

(公示の方法)

第3条 選挙の公示は,掲示により行う。この場合において,学部長候補適任者等の氏名は,五十音順に掲示する。

(教授予定者の定義)

第4条 規程第4条の教授予定者とは,次期学部長の任期の初日において,教授会構成員の教授として在職することが選挙公示日前に決定している者をいう。

(被選挙資格者名簿等)

第5条 選挙管理委員会は,選挙公示日における規程第4条に規定する教授会構成員の教授について被選挙資格者名簿(五十音順)を作成し,選挙公示日前の運営会議及び教授会において報告するものとする。

2 前項の規定にかかわらず,規程第4条ただし書きにより運営会議の承認が得られた者は,被選挙資格者名簿に記載しないものとする。

3 選挙管理委員会は,規程第9条に規定する選挙資格者について各選挙ごとに選挙資格者名簿(五十音順)を作成し,選挙の管理に資するものとする。

(投票等)

第6条 投票用紙は,所定の用紙でなければならない。

2 次に掲げる投票は,無効とする。

(1) 正規の投票用紙でないもの

(2) 第1次選挙において3名以上連記しているもの

(3) 第2次選挙において2名以上連記しているもの

(4) 白票

(5) 誰に投票したか判別しがたいもの

(投票立会人)

第7条 投票の立会人は,選挙管理委員会委員とする。

(開票)

第8条 開票は,選挙管理委員会が投票締切後直ちに行うものとする。

2 第1次選挙の開票の結果,得票者が3人に満たない場合は,得票者全員をもって候補適任者とする。

(選挙事務)

第9条 選挙の事務は,本学部事務職員に委嘱する。

(補則)

第10条 この細則に定めるもののほか,選挙に関し必要な事項は,運営会議において審議し,学部長が定めることができる。

附 則

この細則は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成27年3月27日経済学部細則第1号)

この細則は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年11月22日経済学部細則第1号)

この細則は,平成28年11月22日から施行する。

長崎大学経済学部長候補者選考規程実施細則

平成16年4月1日 経済学部細則第1号

(平成28年11月22日施行)

体系情報
第7編 学部等/第4章 経済学部及び経済学研究科
沿革情報
平成16年4月1日 経済学部細則第1号
平成27年3月27日 経済学部細則第1号
平成28年11月22日 経済学部細則第1号