○長崎大学歯学部臨床教授等の称号の付与等に関する規程

平成16年4月1日

歯学部規程第6号

(目的)

第1条 この規程は,長崎大学歯学部(以下「本学部」という。)における臨床教育に協力する学外の医療機関等の優れた医療人に対する称号の付与等に関し必要な事項を定め,もって臨床教育の指導体制の充実を図ることを目的とする。

(称号の種類)

第2条 称号の種類は,臨床教授,臨床准教授及び臨床講師(以下「臨床教授等」という。)とする。

(称号の付与の対象者)

第3条 称号は,長崎大学歯学部規程(平成16年歯学部規程第1号)に定める臨床実習等の指導に協力する医療機関等(以下「実習等協力機関」という。)に所属する医療人に対し,臨床教育の指導等に係る資格等を選考の上,付与する。

(選考手続)

第4条 臨床教授等の選考は,長崎大学歯学部運営会議において審議し,学部長が行う。

(選考基準)

第5条 臨床教授等として選考することのできる者は,原則として満68歳を超えない者で,次の各号のいずれかに該当する者とする。

(1) 臨床教授は,臨床経験を15年以上有する者で,博士又は修士の学位を有し,かつ,学会が認定する指導医,専門医,認定医その他これに準ずる資格を有する者

(2) 臨床准教授は,臨床経験を10年以上有する者で,博士又は修士の学位若しくは学会が認定する指導医,専門医,認定医その他これに準ずる資格を有する者

(3) 臨床講師は,臨床経験を7年以上有する者で,優れた専門的知識,臨床技能及び教育能力を有する者

(職務)

第6条 臨床教授等は,本学部の臨床教育カリキュラムに従い,本学部及び所属する実習等協力機関において,臨床教育の指導等必要な職務を行うものとする。

(協定)

第7条 臨床教授等が,所属する実習等協力機関において臨床教育を行う場合は,責任の所在等について,あらかじめ本学部と当該実習等協力機関の間で協定を結ぶものとする。

(称号を付与する期間)

第8条 臨床教授等の称号を付与する期間は,臨床教育の指導等に協力する期間とする。ただし,年度を越えて付与することはできない。

(称号の付与)

第9条 臨床教授等の称号の付与は,別記様式による文書を交付して行うものとする。

(給与)

第10条 臨床教授等には,給与等は支給しない。

(補則)

第11条 この規程に定めるもののほか,臨床教授等の称号の付与に関し必要な事項は,別に定めることができる。

附 則

この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成18年12月26日歯学部規程第7号)

この規程は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成26年9月24日歯学部規程第2号)

この規程は,平成26年9月24日から施行する。

附 則(平成27年3月27日歯学部規程第2号)

この規程は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(令和元年5月9日歯学部規程第1号)

この規程は,令和元年5月9日から施行し,令和元年5月1日から適用する。

画像

長崎大学歯学部臨床教授等の称号の付与等に関する規程

平成16年4月1日 歯学部規程第6号

(令和元年5月9日施行)

体系情報
第7編 学部等/第6章 歯学部
沿革情報
平成16年4月1日 歯学部規程第6号
平成18年12月26日 歯学部規程第7号
平成26年9月24日 歯学部規程第2号
平成27年3月27日 歯学部規程第2号
令和元年5月9日 歯学部規程第1号