○長崎大学歯学部放射線安全管理委員会規程

平成16年4月1日

歯学部規程第7号

(設置)

第1条 歯学部において使用される放射性同位元素,国際規制物資及び放射線発生装置等(以下「放射性同位元素等」という。)によるすべての放射線障害の発生防止に必要な事項を審議するため,長崎大学歯学部放射線安全管理委員会(以下「委員会」という。)を置く。

(審議事項)

第2条 委員会は,次に掲げる事項を審議する。

(1) 放射性同位元素等の使用及び管理に関する事項

(2) 放射線発生装置等の機器及び放射線施設(以下「機器等」という。)の設置及び改廃に関する事項

(3) 放射線障害の防止に係る規程等の制定及び改廃に関する事項

(4) 健康診断に関する事項

(5) 機器等の調査点検に関する事項

(6) 被ばく状況の把握及びその結果に基づく措置に関する事項

(7) 教育訓練に関する事項

(8) その他放射線障害の防止に関する事項

(組織)

第3条 委員会は,次に掲げる委員をもって組織する。

(1) 歯科放射線学の授業を担当する教授又は准教授

(2) 基礎系の教授又は准教授のうちから選出された者 1人

(3) 臨床系の教授又は准教授のうちから選出された者 1人

(4) 放射線取扱主任者免状を有する者 1人

(5) 医歯薬学総合研究科の事務部長及び学術協力課長

(6) 学部長が必要と認めた者

2 前項第2号から第4号まで及び第6号の委員の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。

3 第1項第2号から第4号まで及び第6号の委員に欠員が生じた場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。

4 委員は,学部長が命ずる。

(委員長及び副委員長)

第4条 委員会に委員長及び副委員長を置き,委員の互選により選出する。

2 委員長は,会議を招集し,その議長となる。

3 副委員長は,委員長を助け,委員長に事故があるときは,その職務を代行する。

(会議)

第5条 委員会は,委員の3分の2以上が出席しなければ,会議を開くことができない。

2 委員会の議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(意見の聴取)

第6条 委員長が必要と認めたときは,委員会に委員以外の者を出席させ,意見を聴取することができる。

(関係職員の出席)

第7条 委員長は,必要に応じ,委員会に関係職員を出席させることができる。

(立入検査等)

第8条 委員会は,必要に応じ,施設への立入検査,事情聴取等を行うものとする。

2 委員会は,放射線障害の防止のため必要があると認めたときは,適切な措置をとるよう取扱者等に勧告し,学部長に意見を具申する。

(事務)

第9条 委員会の事務は,医歯薬学総合研究科事務部総務課において処理する。

附 則

この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成18年12月26日歯学部規程第8号)

この規程は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成29年6月26日歯学部規程第7号)

この規程は,平成29年7月1日から施行する。

長崎大学歯学部放射線安全管理委員会規程

平成16年4月1日 歯学部規程第7号

(平成29年7月1日施行)

体系情報
第7編 学部等/第6章 歯学部
沿革情報
平成16年4月1日 歯学部規程第7号
平成18年12月26日 歯学部規程第8号
平成29年6月26日 歯学部規程第7号