○長崎大学熱帯医学研究所熱帯医学研修生規程

平成16年4月1日

規程第110号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学熱帯医学研究所(以下「研究所」という。)の熱帯医学研修課程を受講する者(以下「研修生」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(受講資格)

第2条 研修生として受講できる者は,医師,歯科医師,獣医師,薬剤師,保健師,助産師,看護師,臨床検査技師その他の医療従事者及び大学を卒業した者とする。

(受講時期)

第3条 受講の時期は,毎年,長崎大学熱帯医学研究所長(以下「所長」という。)が別に定める。

(受講願)

第4条 受講を志願する者は,所定の手続により所長に願出なければならない。

(受講許可)

第5条 受講の許可は,所長が行う。

(検定料の納付)

第6条 受講を志願する者は,検定料として長崎大学授業料,入学料,検定料及び寄宿料徴収規程(平成16年規程第92号。以下「授業料等徴収規程」という。)に定める額を受講願書の提出時に納付しなければならない。

(入所料及び受講料の納付)

第7条 受講を許可される者は,入所料及び受講料として授業料等徴収規程に定めるそれぞれの額を所定の期日までに納付しなければならない。

(料金の返還)

第8条 既納の料金は,返還しない。

(研修期間)

第9条 研修期間は,3月とする。

(研修方法)

第10条 研修生は,研究所において定める研修カリキュラムに従って受講しなければならない。

(修了証書の授与)

第11条 研修生のうち所定の研修科目を修め,試験に合格した者には,修了証書を授与する。

(研修生証)

第12条 研修生には,研修生証を交付する。

2 研修生は,研究室,図書室等に出入する場合は,常に研修生証を携帯しなければならない。

3 研修期間の終了その他研修生としての身分を失ったときは,速やかに研修生証を返還しなければならない。

(許可の取消等)

第13条 研修期間中であっても事情により研修生としての受講許可を取消すことがある。

(補則)

第14条 この規程の実施に関して必要な事項は,所長が別に定める。

附 則

この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月8日規程第6号)

この規程は,平成17年3月8日から施行する。

長崎大学熱帯医学研究所熱帯医学研修生規程

平成16年4月1日 規程第110号

(平成17年3月8日施行)