○長崎大学病院研修生受入規程

平成16年4月1日

規程第111号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学病院(以下「本院」という。)における研修生の受入れに関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規程において「研修生」とは,次の表に掲げる職種の免許を有し,本院において研修することを許可された者をいう。

職種

薬剤師,保健師,助産師,看護師,診療放射線技師,診療エックス線技師,臨床検査技師,衛生検査技師,理学療法士,作業療法士,視能訓練士,栄養士,歯科技工士,歯科衛生士,あん摩マッサージ指圧師,はり師,きゅう師,柔道整復師,臨床工学技士,救急救命士,義肢装具士,言語聴覚士

(申請)

第3条 研修を希望する者は,研修申請書(様式第1号)により,病院長に願い出なければならない。

(許可)

第4条 病院長は,前条に規定する願い出があったときは,本院の業務に支障がないと認められる場合に限り,受入れを許可することができる。

2 病院長は,前項により受入れを許可したときは,研修生に研修許可書(様式第2号)を交付するものとする。

(受入期間)

第5条 研修生の受入期間は,6月以内とし,受入れを許可する日の属する年度を超えないものとする。

(研修料)

第6条 研修生は,第4条第2項の規定により研修許可書の交付を受けたときは,別表に掲げる研修料と当該額に消費税法(昭和63年法律第108号)及び地方税法(昭和25年法律第226号)の定めによる税率を乗じて得た額との合計額を研修を開始する月から修了する月までの月数に応じ直ちに納付しなければならない。

2 前項に規定する研修料に関わらず,研修生から別表に掲げる研修料より高額の申し出があったときは,当該金額を研修料とする。

3 既納の研修料は,返還しない。

(研修生の遵守義務)

第7条 研修生は,長崎大学の諸規則を守り,病院長の指示に基づいて研修しなければならない。

(許可の取消等)

第8条 病院長は,研修生が前条の規定に違反し,又は研修生としてふさわしくない行為があった場合は,当該研修生の研修を停止させ,又は許可を取り消すことができる。

(事務)

第9条 研修生の受入れに関する事務は,病院事務部人事企画課において処理する。

(補則)

第10条 この規程に定めるもののほか,研修生の受入れに関し必要な事項は,病院長が別に定める。

附 則

この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年9月20日規程第44号)

1 この規程は,平成17年10月1日から施行する。

2 この規程の施行の際,現に研修申請書を受理している者に係る研修料については,なお従前の例による。

附 則(平成21年4月1日規程第26号)

この規程は,平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成23年7月1日規程第37号)

この規程は,平成23年7月1日から施行する。

附 則(平成29年3月30日規程第20号)

この規程は,平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成31年4月26日規程第24号)

この規程は,令和元年5月1日から施行する。

別表(第6条関係)

研修生受入職種

1月当たりの研修料

薬剤師

23,000円

保健師

助産師

看護師

臨床検査技師

衛生検査技師

救急救命士

7,000円

診療放射線技師

診療エックス線技師

理学療法士

作業療法士

視能訓練士

栄養士

歯科技工士

歯科衛生士

あん摩マッサージ指圧師

はり師

きゅう師

柔道整復師

臨床工学技士

義肢装具士

言語聴覚士

6,000円

画像

画像

長崎大学病院研修生受入規程

平成16年4月1日 規程第111号

(令和元年5月1日施行)

体系情報
第7編 学部等/第16章
沿革情報
平成16年4月1日 規程第111号
平成17年9月20日 規程第44号
平成21年4月1日 規程第26号
平成23年7月1日 規程第37号
平成29年3月30日 規程第20号
平成31年4月26日 規程第24号