○長崎大学病院エイズ診療従事者研修規程

平成16年4月1日

規程第114号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学病院(以下「本院」という。)が医師及び歯科医師並びに看護師等の医療技術者を対象に実施するエイズ診療従事者研修(以下「研修」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(研修の目的)

第2条 研修は,医師,歯科医師,看護師等の医療技術者に対し,HIV感染者及びエイズ患者の診療,看護等に関する知識及び医療技術を習得させることにより,地域におけるエイズ診療の充実を図ることを目的とする。

(研修内容等)

第3条 研修内容,募集人員等は,感染制御教育センター及び関係診療科の意見を踏まえ,病院長が定めるものとする。

(研修期間)

第4条 研修期間は,原則として連続する5日間とする。ただし,病院長が必要と認める場合には,研修日数を変更することができる。

(受講の手続)

第5条 研修の受講を希望する者は,所定の手続により病院長に願い出て,許可を受けなければならない。

(研修料)

第6条 前条の規定により研修の受講を許可された者(以下「受講者」という。)は,次に掲げる1日当たりの額に,第4条に規定する研修期間の研修日数を乗じて得た額と当該額に消費税法(昭和63年法律第108号)及び地方税法(昭和25年法律第226号)の定めによる税率を乗じて得た額との合計額を納付しなければならない。

(1) 医師及び歯科医師 2,500円

(2) 看護師等医療技術者 1,200円

2 研修料は,研修の受講を許可するときに徴収するものとする。

3 既納の研修料は,返還しない。

(受講及び診療等)

第7条 受講者は,病院長が定める研修カリキュラムに従って受講しなければならない。

2 受講者は,指導者の指導のもとに患者の診療又は看護に従事することができる。

(事務)

第8条 研修に関する事務は,病院事務部人事企画課において処理する。

(補則)

第9条 この規程に定めるもののほか,エイズ診療従事者研修に関し必要な事項は,病院長が別に定める。

附 則

この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成21年4月1日規程第26号)

この規程は,平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成23年7月1日規程第37号)

この規程は,平成23年7月1日から施行する。

附 則(平成29年3月30日規程第24号)

この規程は,平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成29年5月19日規程第31号)

この規程は,平成29年5月19日から施行する。

長崎大学病院エイズ診療従事者研修規程

平成16年4月1日 規程第114号

(平成29年5月19日施行)

体系情報
第7編 学部等/第16章
沿革情報
平成16年4月1日 規程第114号
平成21年4月1日 規程第26号
平成23年7月1日 規程第37号
平成29年3月30日 規程第24号
平成29年5月19日 規程第31号