○長崎大学附属図書館規則

平成16年4月1日

規則第63号

(趣旨)

第1条 この規則は,国立大学法人長崎大学基本規則(平成16年規則第1号)第38条第2項の規定に基づき,長崎大学附属図書館(以下「附属図書館」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第1条の2 附属図書館は,長崎大学(以下「本学」という。)における学習・教育,研究,社会貢献等の諸活動に資するため,図書,雑誌その他必要な学術情報を収集・作成,整理・保存し,利用に供するとともに,学術情報を人類の資産として永続的に管理することを目的とする。

(館長)

第2条 附属図書館に,館長を置く。

2 館長は,附属図書館の管理運営を統括する。

3 館長の選考は,長崎大学部局長選考規則(平成16年規則第30号)の定めるところによる。

(分館)

第3条 附属図書館に,分館を置く。

2 分館は,医学分館及び経済学部分館とする。

(分館長)

第4条 附属図書館に,長崎大学副部局長規則(平成18年規則第26号)第6条の規定に基づき,副部局長として分館長を置く。

2 分館長は,分館の業務を掌理するとともに,附属図書館の運営に関し,館長を補佐する。

3 館長は,本学の教授のうちから分館長候補者を選考し,学長に推薦する。

4 学長は,前項の推薦に基づき,分館長を選考し,任命する。

5 分館長候補者の選考等に関し必要な事項は,館長が別に定める。

(附属図書館委員会)

第5条 附属図書館の管理運営に関する重要事項を審議するため,附属図書館委員会(以下「委員会」という。)を置く。

2 委員会の組織及び運営に関し必要な事項は,別に定める。

(事務)

第6条 附属図書館の事務は,学術情報部学術情報管理課において処理する。

(補則)

第7条 この規則に定めるもののほか,附属図書館に関し必要な事項は,別に定める。

附 則

この規則は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日規則第24号)

この規則は,平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年4月27日規則第23号)

この規則は,平成19年4月27日から施行する。

附 則(平成20年5月30日規則第35号)

この規則は,平成20年5月30日から施行する。

附 則(平成28年6月29日規則第27号)

この規則は,平成28年7月1日から施行する。

長崎大学附属図書館規則

平成16年4月1日 規則第63号

(平成28年7月1日施行)

体系情報
第7編 学部等/第17章 附属図書館
沿革情報
平成16年4月1日 規則第63号
平成18年3月31日 規則第24号
平成19年4月27日 規則第23号
平成20年5月30日 規則第35号
平成28年6月29日 規則第27号