○長崎大学先導生命科学研究支援センター利用規程

平成16年4月1日

規程第116号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学先導生命科学研究支援センター規則(平成16年規則第66号。以下「規則」という。)第20条の規定に基づき,長崎大学先導生命科学研究支援センター(以下「センター」という。)の利用に関し必要な事項を定めるものとする。

(利用者の範囲)

第2条 センターを利用することができる者は,次に掲げる者とする。

(1) 長崎大学の教職員,学生等

(2) 民間機関等の共同研究員で,センター長が利用を承認した者

(3) その他センター長が利用を承認した者

2 前項の場合において,放射性同位元素等を使用するときは,長崎大学放射性同位元素等安全管理規則(平成16年規則第39号)第5条に規定する放射線業務従事者として登録を承認された者でなければならない。

3 第1項の場合において,動物実験を行うときは,長崎大学動物実験規則(平成19年規則第9号)に基づき,所定の手続を経た者でなければならない。

(利用の申込み)

第3条 センターを利用しようとする者(以下「利用者」という。)は,所定の利用申込書により承認を受けなければならない。

(利用の報告)

第4条 センター長は,必要に応じ利用者に対し,利用状況の報告を求めることができる。

2 利用者は,センターを利用した研究等の成果を論文等により公表するときは,論文等にセンターを利用した旨を明記するとともに,論文等の写しをセンター長に提出しなければならない。

(利用者の注意義務)

第5条 利用者は,施設の設備,機器等を適切に使用するとともに,環境保全,防災等に留意するほか,センター長の指示に従わなければならない。

(利用の取消し)

第6条 センター長は,次の各号の一に該当するときは,利用の承認を取消すことができる。

(1) 利用者がセンターの運営に支障を生じさせたとき。

(損害の補填)

第7条 利用者が故意又は過失により,施設及び機器等を滅失又はき損したときは,利用者は,センター長の指示に従って速やかに原状に復さなければならない。

(経費の負担)

第8条 利用者は,別に定めるところによりセンターの利用に係る経費を負担するものとする。

(補則)

第9条 この規程に定めるもののほか,センターの利用に関し必要な事項は,センター長が別に定める。

附 則

この規程は,平成16年4月1日から施行する。

附 則(平成17年3月29日規程第18号)

この規程は,平成17年4月1日から施行する。

附 則(平成19年3月16日規程第13号)

この規程は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成20年3月31日規程第24号)

この規程は,平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成20年10月6日規程第54号)

この規程は,平成20年10月6日から施行する。

附 則(平成21年3月27日規程第12号)

この規程は,平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月19日規程第16号)

この規程は,平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年11月4日規程第50号)

この規程は,平成23年12月1日から施行する。

附 則(平成24年2月28日規程第5号)

この規程は,平成24年2月28日から施行する。

附 則(平成26年2月17日規程第5号)

この規程は,平成26年4月1日から施行する。

長崎大学先導生命科学研究支援センター利用規程

平成16年4月1日 規程第116号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 学内共同教育研究施設等/第3章 先導生命科学研究支援センター
沿革情報
平成16年4月1日 規程第116号
平成17年3月29日 規程第18号
平成19年3月16日 規程第13号
平成20年3月31日 規程第24号
平成20年10月6日 規程第54号
平成21年3月27日 規程第12号
平成22年3月19日 規程第16号
平成23年11月4日 規程第50号
平成24年2月28日 規程第5号
平成26年2月17日 規程第5号