○長崎大学附属図書館における図書の除却及び処分に関する細則

平成17年3月31日

細則第3号

(趣旨)

第1条 この細則は,長崎大学附属図書館図書管理規程(平成16年規程第85号。以下「図書管理規程」という。)第7条及び第8条の規定に基づき,長崎大学附属図書館における図書の除却及び処分の取扱いに関し必要な事項を定めるものとする。

(図書の範囲)

第2条 この細則において「図書」とは,長崎大学の有形固定資産として計上されている図書をいう。

(除却の手続)

第3条 附属図書館長(以下「館長」という。)は,図書管理規程第7条の規定により図書を除却しようとするときは,長崎大学附属図書館委員会(以下「委員会」という。)の議を経るものとする。

2 前項の規定にかかわらず,図書が次の各号のいずれかに該当するときは,館長は,委員会の議を経ることなく,当該図書を除却できるものとし,除却後に委員会に報告するものとする。

(1) 研究者が科学研究費により購入し寄贈した図書で,当該研究者が他の研究機関に異動する際に研究継続のため返還を求めた図書

(2) 汚損又は破損が著しく,使用に耐えない図書で,代替資料の取得が可能な図書

(3) 充分な複本がある図書

(4) 事故,災害等により滅失又は使用不可能となった図書

(5) 使用方法の変更等により,消耗品として取り扱うことが適当な図書

(6) 所在の不明が認識されてから十分な調査にもかかわらず発見されないまま3年以上を経過した図書

(7) その他直ちに除却することが適当な図書

(図書の処分)

第4条 館長は,図書を除却したときは,速やかに当該図書を処分するものとする。ただし,前条第2項第5号又は第6号に該当するときは,この限りでない。

(図書の贈与)

第5条 館長は,次の各号のいずれかに該当するときは,除却した図書を贈与することができるものとする。

(1) 研究者が科学研究費により購入し寄贈した図書で,当該研究者が他の研究機関において研究を継続するために必要なとき。

(2) 贈与により文化振興,生涯学習等に役立つとき。

(3) 贈与により教職員及び学生の教育研究に役立つとき。

(4) その他館長が特に必要と認めたとき。

(図書の売払い)

第6条 館長は,除却した図書を売り払うことができるものとする。ただし,次の各号のいずれかに該当するときは,この限りでない。

(1) 売払いに係る費用が売払い価格を上回るとき。

(2) 売り払うことにより,本学に不利益が生じるおそれがあるとき。

(3) 売り払うことにより,特定又は不特定の個人又は団体に重大な損害を与えるおそれがあるとき。

(図書の廃棄)

第7条 館長は,前2条の規定による処分を行わないときは,除却した図書を廃棄するものとする。

附 則

この細則は,平成17年4月1日から施行する。

長崎大学附属図書館における図書の除却及び処分に関する細則

平成17年3月31日 細則第3号

(平成17年4月1日施行)

体系情報
第6編 財務及び施設
沿革情報
平成17年3月31日 細則第3号