○長崎大学先導生命科学研究支援センター放射線障害防止研修規程

平成18年2月27日

規程第4号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学先導生命科学研究支援センター(以下「センター」という。)が学外の研究者,技術者,医療関係者等を対象に実施する放射線障害を防止するために必要な教育訓練(以下「研修」という。)に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 研修は,放射線に関する長崎大学の知識及び技術の社会への還元並びに地域における放射線安全管理の推進に寄与することを目的とする。

(研修内容)

第3条 研修の項目及び時間数は,次に掲げるとおりとする。

(1) 放射線の人体に与える影響 30分

(2) 放射性同位元素等又は放射線発生装置の安全取扱い 4時間

(3) 放射性同位元素及び放射線発生装置による放射線障害の防止に関する法令 1時間

(募集人員)

第4条 募集人員は,30人とする。

(研修の手続)

第5条 研修の受講を希望する者は,所定の手続により,長崎大学先導生命科学研究支援センター長(以下「センター長」という。)に申請し,許可を得なければならない。

2 前項の申請は,センターのアイソトープ実験施設において行うものとする。

(研修料及び教材費)

第6条 研修料は6,000円とし,教材費は実費とする。ただし,センター長が認める場合は,研修料及び教材費は徴収しないことができる。

2 前項の研修料及び教材費は,前条第1項の許可を得た後,所定の期日までに納付しなければならない。

3 既納の研修料及び教材費は,返還しない。

(受講証明書)

第7条 研修を修了した者には,センター長が受講証明書を発行する。

(事務)

第8条 研修に関する事務は,医歯薬学総合研究科事務部及びセンターのアイソトープ実験施設において処理する。

(補則)

第9条 この規程に定めるもののほか,研修の実施に関し必要な事項は,別に定める。

附 則

この規程は,平成18年2月27日から施行する。

長崎大学先導生命科学研究支援センター放射線障害防止研修規程

平成18年2月27日 規程第4号

(平成18年2月27日施行)

体系情報
第8編 学内共同教育研究施設等/第3章 先導生命科学研究支援センター
沿革情報
平成18年2月27日 規程第4号