○長崎大学評価基礎データベースシステム管理規程

平成18年4月28日

規程第34号

目次

第1章 総則(第1条―第3条)

第2章 システム構成,管理等(第4条―第8条)

第3章 全学基礎データ及び教員等基礎データの入力等(第9条・第10条)

第4章 データの利用等(第11条―第15条)

第5章 個人情報の管理(第16条)

第6章 雑則(第17条)

附則

第1章 総則

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学評価基礎データベースシステム(以下「システム」という。)の管理及び運用並びにシステムに蓄積されたデータの取扱い,保護等に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 システムは,長崎大学(以下「本学」という。)における教育,研究,社会貢献,大学運営等の諸活動に関するデータを収集し,管理することにより,法人評価,認証評価,第三者評価,外部評価,教員の個人評価等に活用することを目的とする。

(定義)

第3条 この規程において,次の各号に掲げる用語の意義は,当該各号に定めるところによる。

(1) 教員等 本学の役員(監事及び非常勤の理事を除く。)並びに専任の教授,准教授,講師,助教,助手及び技術職員をいう。

(2) 部局等 計画・評価本部,広報戦略本部,原子力災害対策戦略本部,インスティテューショナル・リサーチ推進本部,海洋未来イノベーション機構,グローバル連携機構,研究開発推進機構,事務局,各学部,各研究科,熱帯医学研究所,原爆後障害医療研究所,病院,附属図書館,保健・医療推進センター,各学内共同教育研究施設,学務情報推進室,やってみゅーでスク,ダイバーシティ推進センター,先端創薬イノベーションセンター,地域教育総合支援センター,障がい学生支援室,福島未来創造支援研究センター,子どもの心の医療・教育センター及び各学域をいう。

(3) 法人評価 国立大学法人評価委員会が行う本学の評価をいう。

(4) 認証評価 学校教育法(昭和22年法律第26号)第109条第2項に規定する認証評価機関(以下「認証評価機関」という。)が行う本学の評価をいう。

(5) 第三者評価 本学以外の機関が行う評価(法人評価及び認証評価を除く。)をいう。

(6) 外部評価 部局等が主体となって行う学外者による評価をいう。

(7) 全学基礎データ 主として部局等の活動を表すもので部局等において組織的に入力するデータをいう。

(8) 教員等基礎データ 個々の教員等の公的な活動を表すもので個々の教員等が入力するデータをいう。

(9) 評価基礎データ 全学基礎データ及び教員等基礎データを法人評価,認証評価等に用いるために編集したデータをいう。

第2章 システム構成,管理等

(システムの構成)

第4条 システムは,全学基礎データベース,教員等基礎データベース及び評価基礎データベースにより構成する。

(全学管理責任者)

第5条 本学に,システムに関する業務を統括させるため,全学管理責任者を置く。

2 全学管理責任者は,学長が指名する理事又は副学長をもって充てる。

(部局管理責任者)

第6条 部局等に,当該部局等における全学基礎データ及び教員等基礎データの管理に関する業務を総括させるため,部局管理責任者を置く。

2 部局管理責任者は,部局等の長をもって充てる。

(部局運用責任者)

第7条 部局等に,当該部局等における全学基礎データ及び教員等基礎データの管理及び運用に関する業務を行うため,部局運用責任者を置く。

2 部局運用責任者は,部局等の長が指名する当該部局等の職員をもって充てる。ただし,一部局等で部局運用責任者を置くことが困難な場合は,複数の部局等が合同でこれを置くことができる。

(システムの管理及び運用)

第8条 全学管理責任者は,システムの管理及び運用に当たっては,長崎大学情報セキュリティポリシーに準拠し,不正アクセスの防止その他の必要なセキュリティ対策を講ずるものとする。

2 総務部総務企画課は,システムの管理及び運用に係る事項について調査及び検討を行うものとする。

3 学術情報部情報企画課は,システムに係るサーバの維持管理,アカウントの管理その他運用支援を行うものとする。

第3章 全学基礎データ及び教員等基礎データの入力等

(全学基礎データ及び教員等基礎データの入力等)

第9条 全学基礎データの入力及び更新は,各部局等が随時行うものとする。

2 教員等基礎データの入力及び更新は,各教員等が随時行わなければならない。

3 全学基礎データ及び教員等基礎データは,所定の期間ごとに毎年5月末及び11月末に確定させるものとする。

(代行入力)

第9条の2 前条第2項の規定にかかわらず,教員等は,当該教員等以外の者に同項に規定する入力及び更新の代行(以下「代行入力」という。)を行わせることができる。

2 教員等は,前項の規定により当該教員等以外の者に代行入力を行わせる場合は,教員等基礎データ代行入力申請書(別記様式第1号)を部局等の長を経て,全学管理責任者に提出し,承認を受けなければならない。

3 前2項の規定により代行入力を行わせた教員等は,当該入力及び更新に対し確認を行わなければならない。

(全学基礎データ及び教員等基礎データの点検等)

第10条 前条の規定により確定した全学基礎データ及び教員等基礎データは,当該部局等が点検を行った上で登録する。

2 登録された全学基礎データ及び教員等基礎データの点検及び集計は,総務部総務企画課が行うものとする。

3 登録された全学基礎データに明らかな誤りがある場合は,部局等又は総務部総務企画課が修正を行うものとする。

4 登録された教員等基礎データに字句等の誤りがある場合は,入力した教員等の承諾の下に部局等又は総務部総務企画課が修正できるものとする。

第4章 データの利用等

(全学基礎データ及び教員等基礎データの利用目的)

第11条 システムに登録された全学基礎データ及び教員等基礎データは,次に掲げる場合に限り利用することができる。ただし,全学管理責任者が業務遂行上必要があると認めた場合は,この限りでない。

(1) 法人評価及び認証評価の前提となる自己点検・評価を行う場合

(2) 第三者評価又は外部評価を受ける場合

(3) 教員の個人評価を行う場合

(4) 本学の活動状況に関する社会への情報発信を行う場合

(5) 本学の教員等の活動状況に関する社会への情報発信を行う場合

(6) 本学の活動状況を把握するための調書等を作成する場合

(データの提供)

第12条 全学管理責任者は,次に掲げる場合に限りシステムに登録されたデータを学外に提供することができる。

(1) 法人評価を受けるために国立大学法人評価委員会に提出する場合

(2) 認証評価を受けるために認証評価機関に提出する場合

(3) 独立行政法人大学改革支援・学位授与機構が構築する大学ポートレートに提供する場合

(4) その他学長が特に必要と認めた場合

(データの利用権限等の付与)

第13条 全学管理責任者は,学長の許可の下,別表に定める者にデータの利用権限等を付与するものとする。

2 部局等の長は,部局運用責任者又は当該部局等の職員にデータの利用権限等を付与する必要がある場合又は付与された者を変更する必要がある場合は,付与を希望する者の氏名等を記載した申請書(別記様式第2号)を全学管理責任者に提出し,承認を得るものとする。

3 部局等の長は,当該部局等に所属する技術職員に対し,教員等基礎データに係る利用権限等の付与を希望する場合にあっても,前項に規定する手続を行うものとする。

(データの利用手続等)

第14条 部局等において第11条に規定する目的で評価基礎データを利用する場合は,部局等の長は,利用目的等を記載した承認申請書(別記様式第3号)を全学管理責任者に提出し,承認を受けるものとする。

2 部局等の長は,他の部局等に係る全学基礎データを利用しようとする場合は,事前に当該部局等の長の了承を得るものとする。

(離職教員等のデータの取扱い)

第15条 定年,辞職等により本学を離職した教員等のデータは,在職者の教員等基礎データと区別した上で,システム内に保存しておくものとする。

第5章 個人情報の管理

(保有個人情報)

第16条 システムにおける保有個人情報の取扱いについては,長崎大学個人情報保護規則(平成17年規則第6号)及び長崎大学個人情報管理規程(平成17年規程第10号)の定めるところによる。

第6章 雑則

(補則)

第17条 この規程に定めるもののほか,システムの管理及び運用並びにシステムに蓄積されたデータの取扱い,保護等に関し必要な事項は,別に定めることができる。

附 則

この規程は,平成18年4月28日から施行する。

附 則(平成19年3月30日規程第21号)

この規程は,平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成19年12月26日規程第64号)

この規程は,平成19年12月26日から施行する。

附 則(平成20年3月31日規程第30号)

この規程は,平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成21年3月31日規程第18号)

この規程は,平成21年4月1日から施行する。

附 則(平成22年3月31日規程第27号)

この規程は,平成22年4月1日から施行する。

附 則(平成23年3月28日規程第12号)

1 この規程は,平成23年4月1日から施行する。

附 則(平成23年6月1日規程第30号)

1 この規程は,平成23年6月1日から施行する。

附 則(平成24年3月29日規程第16号)

1 この規程は,平成24年4月1日から施行する。

附 則(平成25年1月22日規程第1号)

この規程は,平成25年1月22日から施行する。

附 則(平成25年3月26日規程第11号)

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成25年9月27日規程第39号)

この規程は,平成25年10月1日から施行する。

附 則(平成27年3月27日規程第24号)

この規程は,平成27年4月1日から施行する。

附 則(平成28年1月8日規程第3号)

この規程は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月30日規程第20号)

この規程は,平成28年4月1日から施行する。

附 則(平成28年8月2日規程第43号)

この規程は,平成28年8月2日から施行する。

附 則(平成28年10月18日規程第53号)

この規程は,平成28年10月18日から施行する。

附 則(平成29年3月28日規程第13号)

この規程は,平成29年4月1日から施行する。

附 則(平成29年12月26日規程第54号)

この規程は,平成30年1月1日に施行する。

附 則(平成30年6月26日規程第36号)

1 この規程は,平成30年7月1日より施行する。

附 則(平成31年3月29日規程第18号)

この規程は,平成31年4月1日から施行する。

附 則(平成31年4月26日規程第22号)

この規程は,令和元年5月1日から施行する。

別表(第13条関係)

1 全学基礎データ

権限

被付与者

入力及び更新

閲覧

利用

備考

学長

 

 

全学管理責任者

 

 

理事

 

 

 

監事

 

 

 

副学長

 

 

 

事務局の部長

 

 

 

部局等の長

当該部局限定

部局運用責任者

当該部局限定

総務部総務企画課担当者

 

2 教員等基礎データ

権限

被付与者

入力及び更新

閲覧

利用

備考

学長

 

 

全学管理責任者

 

 

理事

 

 

 

監事

 

 

 

副学長

 

 

 

部局等の長

 

 

当該部局限定

教員

当該教員限定

技術職員(研究業績があるものに限る。)

当該職員限定

部局運用責任者

(修正)

 

当該部局限定

※は教員等の了承を要する

総務部総務企画課担当者

(修正)

 

※は教員等の了承を要する

代行入力者(第9条の2の規定により代行入力する者をいう。)



※は教員等の申請を要する

3 評価基礎データ

権限

被付与者

編集

閲覧

利用

備考

学長

 

 

全学管理責任者

 

 

理事

 

 

 

監事

 

 

 

副学長

 

 

 

事務局の部長

 

 

 

総務部総務企画課担当者

 

1 編集権限とは,入力されたデータを利用し評価用のデータに編集することが可能である権限をいう。

2 入力権限及び更新権限とは,データの入力及び更新が可能である権限をいう。

3 閲覧権限とは,データの閲覧のみが可能である権限をいう。

4 利用権限とは,データの閲覧及び本規定に沿った目的に利用することが可能である権限をいう。

画像

画像

画像

画像

長崎大学評価基礎データベースシステム管理規程

平成18年4月28日 規程第34号

(令和元年5月1日施行)

体系情報
第3編
沿革情報
平成18年4月28日 規程第34号
平成19年3月30日 規程第21号
平成19年12月26日 規程第64号
平成20年3月31日 規程第30号
平成21年3月31日 規程第18号
平成22年3月31日 規程第27号
平成23年3月28日 規程第12号
平成23年6月1日 規程第30号
平成24年3月29日 規程第16号
平成25年1月22日 規程第1号
平成25年3月26日 規程第11号
平成25年9月27日 規程第39号
平成27年3月27日 規程第24号
平成28年1月8日 規程第3号
平成28年3月30日 規程第20号
平成28年8月2日 規程第43号
平成28年10月18日 規程第53号
平成29年3月28日 規程第13号
平成29年12月26日 規程第54号
平成30年6月26日 規程第36号
平成31年3月29日 規程第18号
平成31年4月26日 規程第22号