○長崎大学病院復帰医取扱規程

平成20年2月26日

規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学病院(以下「本院」という。)において,出産又は子の養育のため医療現場を離れた医師及び歯科医師に対し,職場復帰に向けての支援・再教育を目的として問診,検査,治療等の診療業務を行わせる場合の取扱いについて,必要な事項を定めるものとする。

(名称)

第2条 前条の職場復帰に向けての支援・再教育を受ける医師及び歯科医師を復帰医という。

(資格)

第3条 復帰医になることのできる者は,出産又は子の養育のため医療現場を離れた医師又は歯科医師で,診療に対する意欲を有する者とする。

(身分及び所属)

第4条 復帰医の身分は,パートタイマーの医員とし,診療科及び中央診療施設(以下「診療科等」という。)に所属するものとする。

(職務)

第5条 復帰医は,本院の外来,病棟等において,診療業務に従事する。

(勤務時間)

第6条 復帰医の勤務時間は,原則として,1週間当たり16時間を上限とする。

(申請及び選考)

第7条 復帰医として職場復帰を希望する者は,所定の様式に履歴書を添え,所属を希望する診療科等の長の了承を得て,病院長に申請するものとする。

2 前項の規定による申請を受けた病院長は,その申請内容を審査し,採用候補者を決定するものとする。

(補則)

第8条 この規程に定めるもののほか,復帰医の取扱いに関し必要な事項は,別に定めることができる。

附 則

この規程は,平成20年2月26日から施行する。

附 則(平成21年3月31日規程第18号)

この規程は,平成21年4月1日から施行する。

長崎大学病院復帰医取扱規程

平成20年2月26日 規程第3号

(平成21年4月1日施行)

体系情報
第4編
沿革情報
平成20年2月26日 規程第3号
平成21年3月31日 規程第18号