○長崎大学熱帯医学研究所附属アジア・アフリカ感染症研究施設規程

平成20年3月28日

規程第16号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学熱帯医学研究所規程(平成16年熱帯医学研究所規程第1号)第3条第2項の規定に基づき,長崎大学熱帯医学研究所附属アジア・アフリカ感染症研究施設(以下「感染症研究施設」という。)の組織,運営等に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 感染症研究施設は,アジアやアフリカにおける熱帯病・新興再興感染症の発生・拡大に関与する現地長期調査及び複合要因の解析並びに予防制圧に資する研究及び教育を行うことにより,当該分野の学術研究の進展及び人材育成に寄与することを目的とする。

(職員)

第3条 感染症研究施設に,次に掲げる職員を置く。

(1) 施設長

(2) ケニアプロジェクト拠点長及びベトナムプロジェクト拠点長(長崎大学教育研究プロジェクト拠点規則(平成17年規則第46号)別表に掲げるケニアプロジェクト拠点及びベトナムプロジェクト拠点の長をいう。)

(3) 教員

(4) その他必要な職員

2 施設長は,感染症研究施設の業務を掌理する。

3 第1項第2号から第4号までの職員は,施設長の命を受け,感染症研究施設の業務に従事する。

(施設長の選考等)

第4条 施設長は,熱帯医学研究所の教授のうちから,長崎大学熱帯医学研究所運営会議(以下「運営会議」という。)において審議し,学長が選考する。

2 施設長の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。

(プロジェクト拠点長)

第5条 各拠点長は,各拠点の業務を掌理し,所属職員を監督する。

2 各拠点長は,各拠点の業務に従事する職員のうちから,運営会議において審議し,所長が命ずる。

3 各拠点長の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。

(共同利用)

第6条 各拠点は,国立大学の教員その他の者で当該拠点の目的たる研究教育と同一あるいは関連する研究教育に従事するものに利用させるものとする。

(各拠点の組織,運営等)

第7条 前2条に定めるもののほか,各拠点の組織,運営等に関し必要な事項は,所長が別に定める。

(運営委員会)

第8条 感染症研究施設に,感染症研究施設の運営に関する事項を審議するため,長崎大学熱帯医学研究所附属アジア・アフリカ感染症研究施設運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会の組織,運営等に関し必要な事項は,所長が別に定める。

(補則)

第9条 この規程に定めるもののほか,感染症研究施設に関し必要な事項は,所長が別に定める。

附 則

この規程は,平成20年4月1日から施行する。

附 則(平成22年2月26日規程第13号)

この規程は,平成22年2月27日から施行する。

附 則(平成27年3月27日規程第20号)

この規程は,平成27年4月1日から施行する。

長崎大学熱帯医学研究所附属アジア・アフリカ感染症研究施設規程

平成20年3月28日 規程第16号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 学部等/第15章 熱帯医学研究所
沿革情報
平成20年3月28日 規程第16号
平成22年2月26日 規程第13号
平成27年3月27日 規程第20号