○長崎大学研究開発推進機構研究室等利用規程

平成23年6月1日

規程第31号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学研究開発推進機構規則(平成30年規則第31号)第29条の規定に基づき,長崎大学研究開発推進機構(以下「機構」という。)の研究室,実験室,研修室及び機器(以下「研究室等」という。)の利用に関し必要な事項を定めるものとする。

(研究室等の利用)

第2条 研究室等は,次に掲げる業務のために利用することができる。

(1) 学外機関との共同研究及び受託研究

(2) 学外機関の技術者に対する技術教育及び研修

(3) 外国人研究者等との学術研究

(4) 学生等に対する教育及び研修

(5) 地域社会との学術研究の交流

(6) その他研究開発推進機構長(以下「機構長」という。)が特に必要と認めた業務

(利用者の資格)

第3条 研究室等を利用することができる者は,次に掲げる者とする。

(1) 本学の職員及び学生

(2) 学外機関の共同研究員

(3) 機構が主催する事業への参加者

(4) その他機構長が特に適当であると認めた者

(利用の申請等)

第4条 研究室等を利用しようとするときは,利用を希望する者のうちから研究代表者又は利用責任者(以下これらの者を「代表者」という。)を定め,代表者は,次に定めるところにより必要書類を機構長に提出し,その承認を受けなければならない。

(1) 研究室,実験室及び機器の利用を希望する場合 研究開発推進機構(研究室,実験室及び機器)利用申請書(別記様式第1号)

(2) 研修室の利用を希望する場合 研究開発推進機構(研修室)利用申請書(別記様式第2号)

(3) 機器の利用を希望する場合 研究開発推進機構(機器)利用申請書(別記様式第3号)

2 機構長は,前項に規定する利用申請に対し,利用の可否を申請者に通知するものとする。

3 研究室等の利用を承認された代表者は,利用計画に変更が生じたときは,速やかに機構長の承認を受けなければならない。

(利用の優先順位)

第5条 機構長は,利用の承認に当たっては,機構が主催する事業を優先させるものとし,管理運営上必要がある場合には,次の優先順位により利用を調整することができる。

区分

優先順位

事項

研究室

実験室

機器

1

客員教授又は客員准教授による共同研究

2

学外機関の共同研究員が常駐して利用する共同研究

3

学外機関の共同研究員が定期的に利用する共同研究

4

その他

研修室

1

学外機関との共同研究の研究会及び討論会

2

学外機関の技術者に対する技術教育及び研修並びに地域社会における学術研究の交流等の集会

3

学内教員主催の学外機関を含める研修会

4

学内教員主催の学外機関を含めない研修会

5

その他

(利用期間)

第6条 研究室等を利用できる期間は,利用開始日にかかわらず,事業年度を超えることができない。ただし,機構長が必要と認めた場合は,3年間を限度として更新することができる。

(利用時間等)

第7条 研究室等の利用時間は,月曜日から金曜日まで(国民の祝日に関する法律(昭和23年法律第178号)に定める休日及び12月28日から翌年の1月4日までの日を除く。)の午前9時から午後5時までとする。

2 研究室等の利用を承認された代表者が時間外の利用を希望するときは,機構長に研究開発推進機構時間外利用申請書(別記様式第4号)を提出し,承認を受けなければならない。

(機器の搬入及び搬出)

第8条 研究室等の利用を承認された者(以下「利用者」という。)が機器を搬入するときは,あらかじめ機構長の承認を受けなければならない。

2 前項の承認を受けた者が当該機器の利用を終了したときは,速やかにこれを搬出しなければならない。

3 機器の搬入及び搬出に要する経費は,当該利用者の負担とする。

(利用の報告等)

第9条 機構長は,利用に係る事項について,利用者に報告を求めることができる。

2 利用者は,研究室等を利用して行った研究等の成果を論文等により公表する場合は,研究室等を利用した旨を明記し,当該論文等の写しを機構長に提出するものとする。

(利用の取消し等)

第10条 機構長は,利用者がこの規程に違反し,又は機構の運営に支障を生じさせるおそれがあるときは,その利用の承認を取り消し,又はその利用を停止させることができる。

(損害の補填)

第11条 利用者が故意又は過失により,施設及び機器を滅失し,又はき損したときは,利用者は,機構長の指示に従って速やかに原状に復さなければならない。

(経費の負担)

第12条 代表者は,別に定めるところにより研究室等の利用に係る経費を負担しなければならない。

(補則)

第13条 この規程に定めるもののほか,研究室等の利用に関し必要な事項は,別に定めることができる。

附 則

1 この規程は,平成23年6月1日から施行する。

2 長崎大学共同研究交流センター利用規程(平成16年規程第144号)は,廃止する。

附 則(平成30年6月26日規程第36号)

1 この規程は,平成30年7月1日より施行する。

附 則(平成31年4月26日規程第22号)

この規程は,令和元年5月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

長崎大学研究開発推進機構研究室等利用規程

平成23年6月1日 規程第31号

(令和元年5月1日施行)