○長崎大学原爆後障害医療研究所教授会規程

平成25年4月1日

原爆後障害医療研究所規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学教授会規則(平成16年規則第8号)第11条の規定に基づき,長崎大学原爆後障害医療研究所教授会(以下「教授会」という。)の組織,運営等に関し必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 教授会は,原爆後障害医療研究所(以下「本研究所」という。)の専任の教授及び准教授(長崎大学職員就業規則(平成16年規則第44号)第6条第2項の規定により期間を定めて雇用される職員を除く。)をもって組織する。

2 教授会には,医歯薬学総合研究科事務部長を出席させるものとする。

(審議事項)

第3条 教授会は,本研究所に係る教育研究に関する重要な事項で,教授会の意見を聴くことが必要なものとして学長が別に定める事項について学長に意見を述べるものとする。

2 教授会は,前項に規定するもののほか,学長及び所長(以下「学長等」という。)がつかさどる教育研究に関する事項について審議し,及び学長等の求めに応じ,意見を述べることができる。

(議長)

第4条 所長は,教授会の議長となる。

2 議長は,教授会を主宰する。

3 議長に事故があるときは,副所長がその職務を代行する。

(開催)

第5条 教授会は,原則として,毎月定例日に開催する。ただし,必要があるときは,臨時に開催することができる。

2 議長は,教授会の開催日の3日前までに議案を通知するものとする。ただし,緊急の場合は,この限りでない。

(定足数)

第6条 教授会は,構成員(次に掲げる者を除く。)の3分の2以上が出席しなければ,議事を開き,議決することができない。

(1) 休職中の者

(2) 出勤停止者又は停職者

(3) 育児休業者

(議決)

第7条 教授会の議事は,議長を除く出席した構成員の過半数をもって決する。ただし,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(意見の聴取)

第8条 議長が必要と認めたときは,教授会に構成員以外の者を出席させ,意見を聴取することができる。

(関係職員の出席)

第9条 議長は,必要に応じ,関係職員を教授会に出席させることができる。

(委員会)

第10条 教授会に,必要に応じ,委員会を置くことができる。

2 前項の委員会に関し必要な事項は,別に定める。

(議事要録)

第11条 所長は,議事要録を作成し,保管するものとする。

(事務)

第12条 教授会の事務は,医歯薬学総合研究科事務部総務課において処理する。

(補則)

第13条 この規程に定めるもののほか,教授会の運営に関し必要な事項は,別に定めることができる。

附 則

この規程は,平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成25年10月18日原爆後障害医療研究所規程第10号)

この規程は,平成25年10月18日から施行する。

附 則(平成27年3月30日原爆後障害医療研究所規程第2号)

この規程は,平成27年4月1日から施行する。

長崎大学原爆後障害医療研究所教授会規程

平成25年4月1日 原爆後障害医療研究所規程第1号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第7編 学部等/第15章 原爆後障害医療研究所
沿革情報
平成25年4月1日 原爆後障害医療研究所規程第1号
平成25年10月18日 原爆後障害医療研究所規程第10号
平成27年3月30日 原爆後障害医療研究所規程第2号