○長崎大学ICT基盤センター統合認証サービス規程

平成26年4月1日

ICT基盤センター規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学ICT基盤センターにおける統合認証サービスの管理及び運用に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 統合認証サービスは,長崎大学(以下「本学」という。)における各種情報システムに対して利用者を認証する機能を提供し,もって当該システムの統合的かつ適正な運用を支援するとともに,利便性の向上と安心かつ安全な情報システム利用環境を提供することを目的とする。

(定義)

第3条 この規程において,次の各号に掲げる用語の意義は,それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 情報システム 情報処理及び情報ネットワークに関わるシステムをいう。

(2) 認証 情報システムにアクセスしようとする者が,第5条の利用者であることを電子データを用いて確認することをいう。

(3) 情報システム管理者 各種情報システムにおいて当該情報システムを管理する者をいう。

(統合認証サービスの提供)

第4条 情報システム管理者は,当該情報システムについて統合認証サービスの提供を受ける場合は,ICT基盤センター長(以下「センター長」という。)の承認を得なければならない。

(利用者)

第5条 統合認証サービスにおいて利用者として登録される者は,次の各号に掲げる者とする。

(1) 本学の役職員

(2) 本学の学生

(3) その他センター長が認めた者

(利用制限等)

第6条 センター長は,利用者が,情報システムの利用により長崎大学学則(平成16年学則第1号)第50条長崎大学大学院学則(平成16年学則第2号)第38条若しくは長崎大学職員懲戒規程(平成16年規程第44号)に規定する懲戒を受けたとき又は統合認証サービスの運用に重大な支障を生じさせたときは,当該利用者の認証を停止し,又は登録を抹消することができる。

2 センター長は,情報システム管理者が,情報システムの利用により長崎大学職員懲戒規程に規定する懲戒を受けたとき又は統合認証サービスの運用に重大な支障を生じさせたときは,当該情報システム管理者が管理する情報システムに対する統合認証サービスの提供を停止し,又は取り止めることができる。

(個人情報の管理)

第7条 統合認証サービスにおける保有個人情報の取扱いについては,長崎大学個人情報保護規則(平成17年規則第6号)及び長崎大学個人情報管理規程(平成17年規程第10号)の定めるところによる。

(事務)

第8条 統合認証サービスに関する事務は,ICT基盤センター及び学術情報部情報企画課において処理する。

(補則)

第9条 この規程に定めるもののほか,統合認証サービスの管理及び運用に関し必要な事項は,別に定めることができる。

附 則

1 この規程は,平成26年4月1日から施行する。

2 長崎大学情報メディア基盤センター統合認証サービス規程(平成23年情報メディア基盤センター規程第1号)は,廃止する。

長崎大学ICT基盤センター統合認証サービス規程

平成26年4月1日 ICT基盤センター規程第1号

(平成26年4月1日施行)

体系情報
第8編 学内共同教育研究施設等/第4章 ICT基盤センター
沿革情報
平成26年4月1日 ICT基盤センター規程第1号