○長崎大学留学生教育・支援センター規則

平成30年6月26日

規則第32号

(趣旨)

第1条 この規則は,国立大学法人長崎大学基本規則(平成16年規則第1号)第40条第2項の規定に基づき,長崎大学留学生教育・支援センター(以下「センター」という。)の組織及び運営に関し必要な事項を定めるものとする。

(目的)

第2条 センターは,長崎大学(以下「本学」という。)の学内共同教育研究施設として,外国人留学生並びに学部及び大学院への入学前における日本語等に関する予備教育(以下「予備教育」という。)を受ける者(以下「外国人留学生等」という。)並びに外国の大学等に留学する日本人学生(以下「日本人留学生」という。)に対し,必要な教育及び指導助言を行うことにより,本学における外国人留学生の受入れ及び学生の海外留学の推進を図ることを目的とする。

(業務)

第3条 センターにおいては,次に掲げる業務を行う。

(1) 留学生交流の推進に関すること。

(2) 外国人留学生に対する日本語及び日本事情の教育に関すること。

(3) 予備教育に関すること。

(4) 外国人留学生等に対する修学上及び生活上の指導助言に関すること。

(5) 学生の海外留学に関すること。

(6) その他センターの目的を達成するために必要な業務

(職員)

第4条 センターに,次に掲げる職員を置く。

(1) センター長

(2) 副センター長

(3) 専任教員

(4) 留学生指導主事(各学部(工学部を除く。),工学研究科,水産・環境科学総合研究科,医歯薬学総合研究科,熱帯医学・グローバルヘルス研究科,熱帯医学研究所及び原爆後障害医療研究所(以下「部局等」という。)の教授,准教授,専任の講師及び助教のうちから,各部局等の長が推薦する者) 各1人

(5) その他必要な職員

2 前項第2号から第5号までの職員は,センター長の命を受け,センターの業務に従事する。

(センター長)

第5条 センター長は,学長が指名する理事又は副学長をもって充てる。

2 センター長は,センターの業務を掌理し,所属職員を監督する。

(副センター長)

第6条 副センター長は,本学の職員のうちから,センター長の推薦に基づき,学長が任命する。

2 副センター長の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。

3 副センター長は,センター長を補佐する。

4 副センター長は,センター長に事故があるときは,その職務を代行する。

(留学生指導主事)

第7条 留学生指導主事は,学長が任命する。

2 留学生指導主事の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。

3 留学生指導主事に欠員が生じた場合の後任者の任期は,前任者の残任期間とする。

4 留学生指導主事は,センターの教員と連携し,外国人留学生等及び日本人留学生に対する修学上及び生活上の指導助言を行う。

(管理運営等に係る事項の審議)

第8条 センターの将来構想その他教育又は研究に関する重要事項の審議は長崎大学留学生教育・支援センター計画委員会(以下「計画委員会」という。)において行い,教員の人事は長崎大学戦略本部等教員選考委員会(以下「戦略本部等教員選考委員会」という。)において行う。

2 前項の規定にかかわらず,戦略本部等教員選考委員会が認めるときは,計画委員会において教員の教育研究業績を審査するものとする。

(運営委員会)

第9条 センターに,センターの業務運営に係る具体的事項を審議するため,長崎大学留学生教育・支援センター運営委員会(以下「運営委員会」という。)を置く。

2 運営委員会は,次に掲げる委員をもって組織する。

(1) センター長

(2) 副センター長

(3) センターの専任教員

(4) 学生支援部長

(5) 学生支援部留学支援課長

(6) その他学長が必要と認めた者

3 前項第6号の委員の任期は,2年とする。ただし,再任を妨げない。

4 運営委員会の委員長は,センター長をもって充てる。

5 委員長は,会議を招集し,その議長となる。

6 委員長に事故があるときは,副センター長がその職務を代行する。

7 運営委員会は,委員の過半数の出席がなければ,議事を開くことができない。

8 運営委員会の議事は,出席した委員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(国際交流委員会等での審議)

第10条 センターの業務運営に関する事項のうち,全学に関する事項の審議は,長崎大学国際交流委員会その他関係する委員会において審議を行う。

(留学生教育支援連絡協議会)

第11条 センターに,外国人留学生等及び日本人留学生の教育,指導等に関し,全学的な連絡調整を行うため,長崎大学留学生教育・支援センター留学生教育支援連絡協議会(以下「連絡協議会」という。)を置く。

2 連絡協議会は,次に掲げる委員をもって組織する。

(1) センター長

(2) 副センター長

(3) センターの専任教員

(4) 留学生指導主事

(5) 学生支援部留学支援課長

3 連絡協議会の運営等に関し必要な事項は,センター長が別に定める。

(日本語集中プログラム)

第12条 センターに,予備教育を行うため,長崎大学留学生教育・支援センター日本語集中プログラム(以下「日本語集中プログラム」という。)を置く。

2 日本語集中プログラムの実施に関し必要な事項は,別に定める。

(日本語一般プログラム)

第13条 センターに,日本語教育を行う長崎大学留学生教育・支援センター日本語一般プログラム(以下「日本語一般プログラム」という。)を置く。

2 日本語一般プログラムの実施に関し必要な事項は,別に定める。

(事務)

第14条 センターに関する事務は,学生支援部留学支援課において処理する。

(補則)

第15条 この規則に定めるもののほか,センターに関し必要な事項は,別に定めることができる。

附 則

1 この規則は,平成30年7月1日から施行する。

2 この規則施行後最初に任命される第6条第1項に規定する副センター長の任期は,同条第2項の規定にかかわらず,令和2年3月31日までとする。

3 この規則施行後最初に任命される第7条第1項に規定する留学生指導主事の任期は,同条第2項の規定にかかわらず,令和2年3月31日までとする。

4 この規則施行後最初に任命される第9条第2項第6号に規定する運営委員会の委員の任期は,同条第3項の規定にかかわらず,令和2年3月31日までとする。

附 則(平成31年4月26日規則第22号)

この規則は,令和元年5月1日から施行する。

長崎大学留学生教育・支援センター規則

平成30年6月26日 規則第32号

(令和元年5月1日施行)