○長崎大学総合生産科学域会議規程

平成31年4月1日

総合生産科学域規程第1号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学学域規則(平成31年規則第6号)第17条の規定に基づき,長崎大学総合生産科学域会議(以下「学域会議」という。)の組織,運営等に関し必要な事項を定めるものとする。

(組織)

第2条 学域会議は,次に掲げる者をもって組織する。

(1) 総合生産科学域長

(2) 情報データ科学部長,環境科学部長及び水産学部長

(3) 工学研究科長及び水産・環境科学総合研究科長

(4) その他学域長が必要と認めた者

2 学域会議には,総合生産科学域事務部の事務部長又は課長を出席させるものとする。

(審議事項)

第3条 学域会議は,次に掲げる事項について審議する。

(1) 総合生産科学域(以下「学域」という。)の組織,運営等に関する事項

(2) 教員の人事に関する事項

(3) 予算に関する事項

(4) その他学域に関する重要な事項

(議長及び副議長)

第4条 学域会議に議長を置き,第2条第1項第1号の者をもって充てる。

2 議長は,学域会議を主宰する。

3 学域会議に副議長を置き,第2条第1項第2号及び第3号に規定する者のうちから学域長が指名する者をもって充てる。

4 副議長は,議長を助け,議長に事故があるときは,その職務を代行する。

(定足数)

第5条 学域会議は,構成員(次に掲げる者を除く。)の過半数が出席しなければ,議事を開くことができない。

(1) 海外渡航中の者

(2) 休職者

(3) 出勤停止者又は停職者

(4) 育児休業者

(開催)

第6条 学域会議は,原則として,毎月開催する。

(議決)

第7条 学域会議の議事は,出席した構成員の過半数をもって決し,可否同数のときは,議長の決するところによる。

(意見の聴取)

第8条 議長が必要と認めたときは,学域会議に構成員以外の者を出席させ,意見を聴取することができる。

(関係職員の出席)

第9条 議長は,必要に応じ,学域の関係職員を学域会議に出席させることができる。

(委員会)

第10条 学域会議に,必要に応じて,委員会を置くことができる。

2 前項の委員会に関し必要な事項は,別に定める。

(オブザーバー)

第11条 学長は,オブザーバーとして学域会議に出席することができる。

(議事要録)

第12条 学域長は,議事要録を作成し,保管するものとする。

(事務)

第13条 学域会議の事務は,総合生産科学域事務部において処理する。

(補則)

第14条 この規程に定めるもののほか,学域会議の運営の細部に関し必要な事項は,別に定めることができる。

附 則

この規程は,平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和元年9月30日総合生産科学域規程第1号)

この規程は,令和元年10月1日から施行する。

附 則(令和2年2月13日総合生産科学域規程第1号)

この規程は,令和2年4月1日から施行する。

長崎大学総合生産科学域会議規程

平成31年4月1日 総合生産科学域規程第1号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第9編 域/第2章 総合生産科学域
沿革情報
平成31年4月1日 総合生産科学域規程第1号
令和元年9月30日 総合生産科学域規程第1号
令和2年2月13日 総合生産科学域規程第1号