○長崎大学総合生産科学域教員選考規程

平成31年4月1日

総合生産科学域規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は,長崎大学教員選考規則(平成16年規則第32号。以下「規則」という。)第7条の規定に基づき,長崎大学総合生産科学域(以下「学域」という。)の教授,准教授,講師及び助教(以下「教員」という。)の選考に関し必要な事項を定めるものとする。

(教員選考の手続)

第2条 教員の選考は,情報データ科学部,工学部,環境科学部,水産学部,工学研究科及び水産・環境科学総合研究科(以下「関係部局」という。)の長からの申請に基づき学域会議において行う。

2 前項に規定するもののほか,学域長が機動的かつ戦略的な教員編成を展開する必要があると認めるときは,学域長が教員の選考を学域会議に発議することができる。

(資格)

第3条 教員の選考は,規則第3条から第5条の2までの規定に該当する者について行う。

2 前項に定めるもののほか,情報データ科学系,工学系,環境科学系及び水産学系の分野ごとの教員の資格については,別に定める。

(教員選考委員会)

第4条 長崎大学総合生産科学域会議(以下「学域会議」という。)は,教員の選考に当たり,その都度,教員選考委員会(以下「委員会」という。)を設置する。

2 委員会は,次の各号に掲げる者をもって組織する。

(1) 選考の対象となる学系から選出された教員 4人

(2) 当該学系以外の学系から選出された教授 1人

3 前項第1号の教員は,原則として教授のうちから選出するものとする。ただし,准教授,講師及び助教の選考にあっては,准教授を含めることができる。

4 教授の選考に当たっては,長崎大学全学教授等選考委員会(以下「全学教授等選考委員会」という。)の指示に基づき,学外の有識者を前項の委員に加えるものとする。

5 委員会に委員長を置き,第2項第1号の委員のうちから学域長が指名する者をもって充てる。

(候補適任者の選考及び報告)

第5条 委員会は,原則として複数の候補適任者を選考するものとする。

2 委員会の委員長は,前項の選考の結果について学域会議に報告する。

3 前項の報告は,当該候補適任者の選考過程に関する資料(前条第4項の学外の有識者(以下「外部委員」という。)の意見に関する資料(教授の選考に限る。第8条第2項において同じ。)及び順位に関する資料を含む。)を付して行う。

(候補者の選考)

第6条 学域会議は,前条第2項の報告に基づき,原則として複数の候補者を選考するものとする。

2 前項の選考は,投票その他の委員の意思が明確に示される方法(以下「投票等」という。)により行うものとする。

(候補者の報告)

第7条 学域会議は,前条の選考の結果について,教授並びに学長が指定する准教授,講師及び助教(以下「教授等」という。)の候補者にあっては全学教授等選考委員会に,教授等以外の教員の候補者にあっては学長に報告する。

2 前項の報告は,当該候補者の選考過程に関する資料(外部委員の意見に関する資料,投票等の結果に関する資料及び順位に関する資料を含む。)を付して行う。

(有期雇用教員の特例)

第8条 学域会議は,外部資金,プロジェクト等により期間を定めて雇用する教員(以下「有期雇用教員」という。)については,第4条及び第5条の規定にかかわらず,選考の対象となる関係部局の長に個別に選考を指示することができる。

2 前項により選考する教員の評価基準等は,当該関係部局の定めるところによる。

3 第1項の規定により有期雇用教員の選考を行った関係部局の長は,速やかに選考の結果を学域会議に報告するものとする。

(補則)

第9条 この規程に定めるもののほか,教員の選考に関し必要な事項は,別に定めることができる。

附 則

この規程は,平成31年4月1日から施行する。

附 則(令和2年2月13日総合生産科学域規程第1号)

この規程は,令和2年4月1日から施行する。

長崎大学総合生産科学域教員選考規程

平成31年4月1日 総合生産科学域規程第3号

(令和2年4月1日施行)