○長崎大学におけるセンター等の長の選考に関する規則

令和3年3月30日

規則第20号

第1条 この規則は,国立大学法人長崎大学基本規則(平成16年規則第1号。以下「基本規則」という。)第44条第3項の規定に基づき,保健センター及び基本規則第40条から第40条の4までに規定する教育研究組織の長の選考,任期等に関し必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において「センター等」とは,保健センター及び基本規則第40条から第40条の4までに規定する教育研究組織をいう。

2 この規則において「センター長」とは,前項に規定するセンター等の長をいう。

(選考の事由及び任命)

第3条 学長は,次の各号の一に該当する場合に,センター長を選考し,任命する。

(1) センター長の任期が満了するとき。

(2) センター長が辞任を申し出たとき。

(3) センター長が欠員となったとき。

(選考の時期)

第4条 センター長の選考は,前条第1号に該当する場合は任期満了の1月以前に,同条第2号又は第3号に該当する場合は速やかに行う。

(センター長の資格)

第5条 センター長となることのできる者は,本学の理事又は職員とする。

(候補者の推薦)

第6条 学長は,センター長の選考に当たり,理事並びに学部長(工学部長を除く。),多文化社会学研究科長,工学研究科長,水産・環境科学総合研究科長,医歯薬学総合研究科長,熱帯医学・グローバルヘルス研究科長,プラネタリーヘルス学環長,熱帯医学研究所長,原爆後障害医療研究所長,高度感染症研究センター長及び附属図書館長並びに当該選考の対象となるセンター長に候補者の推薦を求めることができる。

(任期)

第7条 センター長の任期は,2年とする。ただし,任命の日が年度の途中である場合のセンター長の任期は,任命の日から起算して1年を経過した日の属する年度の3月31日までとする。

2 前項の規定にかかわらず,理事又は副学長をセンター長に任命する場合の任期は,当該理事又は副学長の任期の末日までとする。

3 センター長は,再任されることができる。

(補則)

第8条 この規則に定めるもののほか,センター長の選考等に関し必要な事項は,別に定めることができる。

1 この規則は,令和3年4月1日から施行する。

2 この規則の施行の際現にセンター長である者は,この規則の施行の日に,この規則に基づき選考されたものとみなし,その任期は,第7条第1項の規定にかかわらず,同日におけるセンター長としての任期の残任期間と同一の期間とする。

(令和4年3月29日規則第24号)

この規則は,令和4年4月1日から施行する。

(令和4年9月30日規則第42号)

この規則は,令和4年10月1日から施行する。

長崎大学におけるセンター等の長の選考に関する規則

令和3年3月30日 規則第20号

(令和4年10月1日施行)

体系情報
第4編
沿革情報
令和3年3月30日 規則第20号
令和4年3月29日 規則第24号
令和4年9月30日 規則第42号