○長崎市長寿祝金条例施行規則

平成8年4月1日

規則第16号

(趣旨)

第1条 この規則は、長崎市長寿祝金条例(平成8年長崎市条例第3号。以下「条例」という。)の施行について必要な事項を定めるものとする。

(祝金の支給の申請)

第2条 条例第4条の規定により長寿祝金(以下「祝金」という。)の支給を受けようとする者は、99歳の年齢に達する日の属する月の前月に長崎市長寿祝金支給申請書(第1号様式)を市長に提出しなければならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、申請期間後においても申請書を提出することができる。

(平20規則9・一部改正)

(祝金の支給の決定又は却下)

第3条 市長は、祝金の支給を決定又は却下したときは、長崎市長寿祝金支給通知書(第2号様式)により通知するものとする。

(祝金の支給期月)

第4条 祝金は、99歳の年齢に達する日の属する月に支給するものとする。ただし、市長が特に認める者の支給期月については、この限りでない。

(平20規則9・一部改正)

(未支給祝金の支給の申請)

第5条 条例第6条の規定により未支給の祝金の支給を受けようとする者は、未支給長寿祝金支給申請書(第3号様式)を市長に提出しなければならない。

2 前項の申請書には、祝金の支給の決定を受けた者の死亡当時におけるその者と未支給の祝金を受けようとする者との身分関係を明らかにすることができる書類を添えなければならない。

(平11規則45・一部改正)

(遺族の範囲等)

第6条 条例第6条に規定する遺族のうち市長が指定する者は、次に掲げるものとする。

(1) 配偶者(婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻関係と同様の事情にある者を含む。)

(2) 

(3) 

(4) 父母

(5) 兄弟姉妹

2 未支給の祝金を受けるべき順位は、前項各号に規定する順位による。

3 未支給の祝金を受けるべき同順位者が2人以上あるときは、その1人のした支給の申請は、全員のためその全額につきしたものとみなし、その1人に対してした支給は、全員に対してしたものとみなす。

(平11規則45・平16規則119・一部改正)

(台帳の備付け)

第7条 市長は、長崎市長寿祝金受給者台帳(第4号様式)を備え、必要な事項を記載して整理しなければならない。

(委任)

第8条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

(施行期日)

1 この規則は、平成8年4月1日から施行する。

(長崎市長寿祝金条例施行規則の廃止)

2 長崎市長寿祝金条例施行規則(昭和45年長崎市規則第2号)は、廃止する。

(香焼町、伊王島町、高島町、外海町、三和町及び琴海町の編入に伴う経過措置)

3 第2条から第7条までの規定は、条例附則第5項第6項及び第8項の規定による祝金を支給する場合について準用する。

(平16規則119・追加、平17規則131・一部改正)

(平成11年3月26日規則第45号)

(施行期日)

1 この規則は、平成11年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の長崎市長寿祝金条例施行規則に定める様式による用紙は、当分の間、所要の整備をして使用することができる。

(平成16年12月28日規則第119号)

この規則は、平成17年1月4日から施行する。ただし、第6条第1項第2号から第4号まで及び第3号様式の改正規定は、公布の日から施行する。

(平成17年3月31日規則第63号)

この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(平成17年11月2日規則第131号)

この規則は、平成18年1月4日から施行する。

(平成20年2月26日規則第9号)

この規則は、平成20年4月1日から施行する。

(平成28年3月31日規則第47号)

(施行期日)

1 この規則は、平成28年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の次に掲げる規則に定める様式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

(1)から(12)まで 

(13) 長崎市長寿祝金条例施行規則

(平成31年4月26日規則第51号)

(施行期日)

1 この規則は、公布の日から施行する。

(経過措置)

2 第1条の規定による改正前の長崎市税条例施行規則、第2条の規定による改正前の長崎市建築基準法施行細則、第3条の規定による改正前の長崎市長寿祝金条例施行規則、第4条の規定による改正前の長崎市公共施設案内・予約システムの運用等に関する規則、第5条の規定による改正前の長崎市生活保護法施行細則、第6条の規定による改正前の長崎市感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律施行細則、第7条の規定による改正前の長崎市中国残留邦人等に対する支援給付及び特定配偶者に対する配偶者支援金事務取扱細則及び第8条の規定による改正前の長崎市職員互助会給付実施規則に定める様式による用紙は、当分の間所要の調整をして使用することができる。

(令和4年3月2日規則第10号)

(施行期日)

1 この規則は、令和4年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正前の長崎市長寿祝金条例施行規則に定める様式による用紙は、当分の間、所要の調整をして使用することができる。

(令4規則10・全改)

画像

(平28規則47・全改)

画像

(平16規則119・一部改正)

画像

画像

長崎市長寿祝金条例施行規則

平成8年4月1日 規則第16号

(令和4年4月1日施行)

体系情報
第8類 生/第1章 社会福祉
沿革情報
昭和45年4月 規則第2号
昭和52年3月 規則第10号
昭和53年4月 規則第11号
昭和55年4月 規則第25号
昭和56年3月 規則第14号
昭和60年2月 規則第3号
平成2年3月 規則第9号
平成4年3月 規則第18号
平成8年4月1日 規則第16号
平成11年3月26日 規則第45号
平成16年12月28日 規則第119号
平成17年3月31日 規則第63号
平成17年11月2日 規則第131号
平成20年2月26日 規則第9号
平成28年3月31日 規則第47号
平成31年4月26日 規則第51号
令和4年3月2日 規則第10号