○那覇市職員厚生会条例

1965年7月1日

条例第12号

(目的及び設置)

第1条 職員の福祉の増進を図るため、那覇市職員厚生会(以下「厚生会」という。)を設置する。

(管理)

第2条 厚生会は、市長が管理する。

(負担金)

第3条 厚生会が行う福祉事業のため、本市は職員の給料総月額の1,000分の3に相当する額、職員は給料月額の1,000分の5に相当する額を毎月それぞれ負担するものとする。

(助成金)

第4条 本市は、厚生会が行う福祉事業育成のため、毎年度予算の範囲内において、助成金を交付する。

(事務職員及び施設の利用)

第5条 市長は、厚生会の運営に必要な範囲内において、本市の職員を厚生会の事務に従事させることができる。

2 市長は、厚生会の運営に必要な範囲内において、その管理する施設を無償で厚生会の利用に供することができる。

(委任)

第6条 この条例に定めるもののほか、厚生会の会員の範囲、組織、事業その他については、別に市長が定める。

付 則

この条例の施行期日は、公布の日から起算して1年をこえない期間内において規則で定める。(1966年規則第12号で、1966年7月1日から施行)

付 則(昭和52年4月1日条例第13号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(平成9年4月1日条例第1号)

この条例は、公布の日から施行する。

付 則(平成18年3月31日条例第9号)

この条例は、平成18年4月1日から施行する。

付 則(平成23年3月17日条例第5号)

この条例は、平成23年4月1日から施行する。

付 則(平成27年3月24日条例第11号)

この条例は、平成27年4月1日から施行する。

那覇市職員厚生会条例

昭和40年7月1日 条例第12号

(平成27年4月1日施行)

体系情報
第4類 事/第7章 福利厚生
沿革情報
昭和40年7月1日 条例第12号
昭和52年4月1日 条例第13号
平成9年4月1日 条例第1号
平成18年3月31日 条例第9号
平成23年3月17日 条例第5号
平成27年3月24日 条例第11号