○那覇市上下水道局臨時職員の身分取扱いに関する規程

平成11年3月30日

水道局規程第6号

(趣旨)

第1条 この規程は、次の各号に掲げる規定に基づき那覇市上下水道局に臨時的に任用する職員(以下「臨時職員」という。)の任用、給与、勤務時間その他の身分取扱いに関して必要な事項を定めるものとする。

(1) 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第22条の3第4項

(2) 地方公務員の育児休業等に関する法律(平成3年法律第110号)第6条第1項第2号

(任用の基準)

第2条 臨時職員は、次の各号に掲げる規定による任用の区分に応じ、当該各号に定める場合に任用することができる。

(1) 前条第1号に掲げる規定 定数職員(那覇市職員定数条例(昭和47年那覇市条例第74号)第2条第8号の職員をいう。以下同じ。)に欠員を生じた場合において、次のいずれかに該当するとき

 災害その他重大な事故のため、地方公務員法第17条第1項の採用、昇任、降任又は転任の方法により職員を任命するまでの間その職員の職を欠員にしておくことができない緊急の場合

 臨時的任用を行う日から1年以内に廃止されることが予想される臨時の職に関する場合

(2) 前条第2号に掲げる規定 定数職員が育児休業をする場合

(3) 前条第3号に掲げる規定 定数職員が配偶者同行休業をする場合

(任用候補者名簿)

第3条 総務課長は、臨時職員の確保を図るため臨時職員任用候補者名簿を作成するものとする。

2 前項の臨時職員任用候補者名簿には、臨時職員への任用を希望する者を登載するものとする。

3 前項の規定による登載は、申込みの受付順に行なうものとする。

4 第1項の規定による臨時職員任用候補者名簿の登載有効期間は1年とする。

(任用手続)

第4条 課の長は、臨時職員を任用しようとするときは、任用予定日の10日前までに臨時職員任用(更新)申請書(以下「申請書」という。)を総務課長に提出しなければならない。

2 総務課長は、前項の申請書を審査し、任用する必要があると認めるときは速やかに人選を行い、その者の自筆の履歴書及び必要に応じ管理者の指定する医師の診断書を提出させるものとする。

3 臨時職員の任用は、臨時職員採用通知書を交付して行い、課の長に対しては、臨時職員任用通知書を交付して行なう。

(任用期間の更新)

第5条 課の長は、現に勤務する臨時職員の任用期間を更新する必要があると認めるときは、任用期間が満了する10日前までに第4条第1項に定める申請書を総務課長に提出しなければならない。

2 総務課長は、前項の申請書を審査し、任用期間を更新する必要があると認めるときは、臨時職員には臨時職員採用更新通知書を交付し、課の長に対しては、臨時職員任用更新通知書を交付して行なう。

(任用の制限)

第6条 第1条第1号に掲げる規定による任用は、通算して1年を超えて行なわないものとする。

2 前項の規定により通算する任用の期間には、退職の日から第1条第1号に掲げる規定により新たに任用する日までの期間(同条第2号及び第3号に掲げる規定による任用期間を除く。)が1年以上ある場合における当該退職の日以前の任用期間を含まないものとする。

(解雇)

第7条 臨時職員が次の各号のいずれかに該当する場合は、これを解雇する。ただし、第1号又は第2号に該当する場合において、管理者がその必要がないと認めるときは、この限りでない。

(1) 私傷病により7日以上引き続き欠勤した場合

(2) 私事欠勤(私傷病による欠勤を除く。)が通算して5日を超えた場合

(3) 心身の故障のため、職務の遂行に支障があり、又はこれに堪えない場合

(4) 前3号に定めるもののほか、その職に必要な適格性を欠く場合

(給与)

第8条 臨時職員の給与は、定数職員の例による。

(勤務時間等)

第9条 臨時職員の勤務時間、週休日、休憩時間、休日、当該休日の代休日等については、定数職員の例による。

(年次有給休暇)

第10条 臨時職員は、次の表に掲げる継続する任用期間(第1条各号に掲げる規定による任用(同条各号に掲げる規定による任用の区分を問わない。)の初日を起算日として継続する1年を上限とする期間をいう。)に応じ、同表に定める日数の年次有給休暇(1日を単位とする。ただし、業務に支障がないと認められるときは、1時間を単位とすることができる。)を受けることができる。

継続する任用期間

日数

1月以下

2日

1月を超え2月以下

3日

2月を超え3月以下

5日

3月を超え4月以下

7日

4月を超え5月以下

8日

5月を超え6月以下

10日

6月を超え7月以下

12日

7月を超え8月以下

13日

8月を超え9月以下

15日

9月を超え10月以下

17日

10月を超え11月以下

18日

11月を超え12月以下

20日

2 管理者は、年次有給休暇を臨時職員の請求する時季に与えなければならない。ただし、請求された時季に年次有給休暇を与えることが公務の正常な運営を妨げる場合においては、他の時季にこれを与えることができる。

3 第1項の年次有給休暇(次項の規定により繰り越されたものを除く。)が10日以上与えられた臨時職員に対して、前項の規定にかかわらず、付与日から1年以内に、臨時職員の有する年次有給休暇日数のうち5日について、管理者が臨時職員の意見を聴取し、その意見を尊重した上で、あらかじめ時季を指定して取得させる。ただし、臨時職員が前項の規定による年次有給休暇を取得した場合においては、当該取得した日数を5日から控除するものとする。

4 年次有給休暇(この項の規定により繰り越されたものを除く。)は、第1項の任用が1年を超えて継続する場合において、当該1年の次の年に繰り越すことができる。

(年次有給休暇以外の休暇)

第11条 臨時職員は、次の各号に掲げる場合には、当該各号に定める期間の休暇を受けることができる。

(1) 公務又は通勤上の負傷又は疾病のため療養する必要があり、勤務しないことがやむを得ないと認められる場合 必要な期間

(2) 前号以外の負傷又は疾病のため療養する必要があり、勤務しないことがやむを得ないと認められる場合 その任用期間に応じ、管理者が別に定める期間。ただし、1年につき5日を超えることができない。

(3) 那覇市上下水道局企業職員就業規程(昭和63年那覇市水道局規程第4号。以下この項において「就業規程」という。)別表第2第4号から第10号まで、第12号、第14号、第17号又は第19号の中欄に該当する場合 それぞれ当該右欄に規定する期間

(4) 夏期において心身の健康維持及び増進又は家庭生活の充実のため勤務しないことが相当であると認められる場合 1の年の5月から10月までの期間において、1日を単位として3日を超えない範囲内で管理者が別に定める期間

(5) 中学校就学の始期に達するまでの子(就業規程第5条の2第1項の子及び配偶者の子をいう。)を養育する臨時職員が、看護(負傷し、又は疾病にかかった当該子の世話を行うことをいう。)又は疾病の予防(当該子に予防接種(就業規程別表第2第14号の予防接種を除く。)又は健康診断を受けさせることをいう。)のため勤務しないことが相当であると認められる場合 1の年度において、1日又は1時間を単位として、当該子が1人の場合は5日以内、2人以上の場合は10日以内で、管理者が別に定める期間

(6) 労働基準法(昭和22年法律第49号)第65条第1項又は第2項の規定に該当する場合 それぞれに規定する期間

(7) 労働基準法第68条の規定に該当する場合 その都度必要と認められる期間

(8) 生後1年に達しない子(就業規程第5条の2第1項の子をいう。)を育てる臨時職員が、当該子の保育のために必要と認められる授乳等を行う場合 1日2回以内でそれぞれ30分以内の期間

2 前項の規定により免除された期間については、管理者が別に定める場合を除き、その勤務しない1時間につき、那覇市臨時職員の身分取扱いに関する規則(昭和60年那覇市規則第26号。以下次条において「那覇市臨時規則」という。)第12条に規定する勤務1時間当りの給料額を減額する。

(補則)

第13条 この規程に定めるもののほか、この規程の施行について必要な事項は、管理者が定める。

付 則

1 この規程は、平成11年4月1日から施行する。

2 この規程施行の際、現に任用されている職員については、この規程により任用されたものとみなす。

付 則(平成13年4月18日水道局規程第7号)

この規程は、公布の日から施行し、改正後の那覇市水道局臨時職員の身分取扱いに関する規程は、平成13年4月1日から適用する。

付 則(平成14年9月2日水道局規程第15号)

この規程は、公布の日から施行し、改正後の那覇市水道局臨時職員の身分取扱いに関する規程は、平成14年9月1日から適用する。

付 則(平成15年4月1日水道局規程第10号)

この規程は、平成15年4月1日から施行する。

付 則(平成17年4月1日上下水道局規程第4号)

この規程は、平成17年4月1日から施行する。

付 則(平成29年2月13日上下水道局規程第1号)

この規程は、平成29年4月1日から施行する。

付 則(平成29年6月30日上下水道局規程第16号)

この規程は、平成29年6月30日から施行する。

付 則(平成30年3月30日上下水道局規程第5号)

この規程は、平成30年4月1日から施行する。

付 則(平成31年3月28日上下水道局規程第5号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

付 則(令和2年3月31日上下水道局規程第9号)

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

那覇市上下水道局臨時職員の身分取扱いに関する規程

平成11年3月30日 水道局規程第6号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第12類 公営企業/第1章 上下水道事業/第4節
沿革情報
平成11年3月30日 水道局規程第6号
平成13年4月18日 水道局規程第7号
平成14年9月2日 水道局規程第15号
平成15年4月1日 水道局規程第10号
平成17年4月1日 上下水道局規程第4号
平成29年2月13日 上下水道局規程第1号
平成29年6月30日 上下水道局規程第16号
平成30年3月30日 上下水道局規程第5号
平成31年3月28日 上下水道局規程第5号
令和2年3月31日 上下水道局規程第9号