○那覇市上下水道局請負工事検査規程

平成14年3月29日

水道局規程第10号

那覇市水道局請負工事検査規程(平成11年那覇市水道局規程第11号)の全部を改正する。

(趣旨)

第1条 この規程は、法令その他別に定めるもののほか、上下水道局が発注する請負工事の適正かつ効率的な施行を確保するために行う検査について必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 主管課 請負工事を実施する課をいう。

(2) 主管課長 請負工事を実施する課の長をいう。

(4) 現場監督員 監督規程第2条第1項第2号に定める職員をいう。

(検査員)

第3条 請負工事の検査を行うため、検査員を置く。

2 検査員は、総務課検査担当の職員とする。

3 前項の規定にかかわらず、次の各号の場合は、主管課長が命じた職員を検査員とするものとする。

(1) 請負額が1件130万円以下の工事

(2) 送水管、配水管及びこれらの附属施設並びに給水装置の維持管理工事

(3) メーター取替え及び附帯工事

(4) 道路改良工事に伴う下水道切回し工事又は本体工事に伴う附帯工事で随意契約によるもの

(5) 緊急を要する小規模の改修工事等で随意契約によるもの

4 前2項の規定にかかわらず、上下水道事業管理者(以下「管理者」という。)において必要と認めるときは、管理者が命じた職員を検査員とすることができる。

(検査の内容)

第4条 検査は、請負工事の出来形又は業務委託の成果品(以下「出来形等」という。)を対象とし、当該出来形等を契約書、約款、仕様書、図面その他の関係図書と対比してその適否を判定するものとする。

(検査の種類)

第5条 検査は、完成検査、一部完成検査、既済部分検査及び中間検査とする。

2 完成検査は、完成した請負工事について行う。

3 一部完成検査は、工事の一部が完成し、かつ、当該完成部分が可分である場合において当該部分について引渡しがなされるときに行う。

4 既済部分検査は、工事の完成前に当該工事の既済部分に対して代価の一部を支払うときに行う。

5 中間検査は、工事施工の途中において管理者が必要と認める場合に、管理者が指定する部分の出来形に対して行う。

(検査の実施)

第6条 検査は、書類検査及び実施検査により行うものとする。

2 請負工事に係る検査を実施するときは必要に応じ、次の各号に掲げる検査を行い、工事の出来形の適否を判定しなければならない。

(1) 工事に関する契約書、約款、仕様書、図面、工事記録及び工事写真等の審査

(2) 工事出来形(寸法・延長)、機能及び操作性等の確認

(3) 工事出来形に係る工事材料の規格、品質、強度、性能等の試験及び数量の確認

(4) 工事出来形の強度、耐圧、地耐力、漏水等の試験

(5) 工事出来形の一部破壊(掘削及び工事材料の抜取りを含む。)

3 前項第3号及び第4号の検査については、当該工事の検査を所掌する課の長(以下「検査所管課長」という。)がやむを得ないと認める場合は、工事材料の製造者若しくは適当な試験機関の試験(検定を含む。)若しくは検査又はこれらの記録をもってこれに代えることができる。

(検査の立会い)

第7条 検査の実施に当たっては、当該請負工事の主任現場監督員、現場監督員及び主任技術者並びに受注者又は現場代理人の立会いの下に行わなければならない。

(検査員の権限)

第8条 検査員は、検査に当たり必要と認めるときは、受注者に対し工事出来形の一部を破壊させることができるほか、書類及び資料の提出並びに事実の説明を求めることができる。

2 検査員は、検査上必要があると認めるときは、当該請負工事の監督員に対し書類及び物件の提示並びに提出並びに事実の説明を求めることができる。

3 検査員は、検査の実施中軽易な手直しを要する事項については、監督員に対し必要な指示を与えることができる。

(検査の準備)

第9条 検査員は、検査実施のため、人員、機器、資材及び器材を必要とする場合は、監督員に対しこれを要求することができる。

(検査の手続)

第10条 主管課長は、受注者から請負工事完了届の提出があったときは、内容確認の上、速やかに完了検査依頼書を添え、これを検査所管課長に提出するものとする。

2 契約検査主管課長は、主管課長から完了検査依頼書の提出があったときは、検査員に対し検査の指示をするとともに、請負工事完了検査の執行について当該主管課長に通知するものとする。

3 主管課長は、前項の請負工事完了検査執行の通知を受けたときは、検査内容及び検査日時について監督員を通じ受注者に通知するものとする。

4 第2項の通知を受けた監督員は、検査に必要な書類を整理し検査員に提出しなければならない。

(検査員の心得)

第11条 検査員は、検査を行うに当たり、次の事項に留意しなければならない。

(1) 常に公平かつ温和な態度であること。

(2) 正確な資料又は事実に基づいて厳正に考察すること。

(3) 業務の遂行に支障を与えないよう配慮すること。

(4) 不正又は不当な行為を発見した場合は、監督員に通知すること。

(5) 請負工事の検査結果については、関係者以外にこれを漏らしてはならない。

(検査の中止)

第12条 検査員は、検査が次の各号のいずれかに該当したときは、検査を中止し、直ちにこれを検査所管課長に報告しなければならない。

(1) 受注者又はその使用人が故意に検査の執行を妨害したとき。

(2) 工事改造が甚だ多く検査に値しないと認められるとき。

(3) その他請負工事の施行結果に重大な欠陥が認められるとき。

(重要事項の処理)

第13条 検査員は、請負工事の検査に当たって、事態が重大であり、かつ、その処理に急を要すると認められる事項があるときは、直ちに検査所管課長に報告し、その指示を受けて必要な措置を講じなければならない。

2 検査員は、当該検査を通じて請負工事の施工技術及び施工管理の向上を図るため工事関係者に対して適当な指導が必要であると認めたときは、検査所管課長にその旨報告しなければならない。

3 検査員は、請負工事の検査の結果、設計上の重要な問題点及び受注者の状態に関し特に必要と認めた事項に関しては、検査所管課長に対して率直な意見の具申をしなければならない。

(検査報告書の提出)

第14条 検査員は、請負工事の検査を終了したときは、その結果について7日以内に検査報告書を作成し、検査所管課長に提出しなければならない。

(改造の報告等)

第15条 検査員は、請負工事の検査の結果、その出来形等が契約書、約款、仕様書、図面等と相違し、又は不完全と認めたときは、検査所管課長に改造の必要性を報告しなければならない。

2 検査所管課長は、前項の報告を受けたときは、その旨を直ちに主管課長に通知しなければならない。

(再検査)

第16条 改造について、受注者から改造完了の届出があったときは、改めて第4条から第10条までの規定及び第14条の規定を準用する。

(請負工事成績の評定)

第17条 検査員は、請負工事について完成検査を完了したときは、別に定めるところにより請負工事の成績を評定しなければならない。

(様式)

第18条 この規程による文書の様式は、管理者が定める。

(その他)

第19条 この規程に定めるもののほか必要な事項は、管理者が別に定める。

付 則

この規程は、平成14年4月1日から施行する。

付 則(平成16年4月1日水道局規程第4号)

この規程は、平成16年4月1日から施行する。

付 則(平成17年4月1日上下水道局規程第5号抄)

1 この規程は、平成17年4月1日から施行する。

付 則(平成19年4月3日上下水道局規程第8号)

この規程は公布の日から施行し、改正後の那覇市上下水道局請負工事等検査規程は平成19年4月1日から適用する。

付 則(平成20年3月31日上下水道局規程第9号)

この規程は、公布の日から施行する。

付 則(平成23年3月30日上下水道局規程第6号)

この規程は、平成23年4月1日から施行する。

付 則(平成25年3月29日上下水道局規程第7号)

この規程は、平成25年4月1日から施行する。

付 則(平成27年3月31日上下水道局規程第5号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

付 則(平成28年3月25日上下水道局規程第6号)

この規程は、平成28年4月1日から施行する。

那覇市上下水道局請負工事検査規程

平成14年3月29日 水道局規程第10号

(平成28年4月1日施行)

体系情報
第12類 公営企業/第1章 上下水道事業/第6節
沿革情報
平成14年3月29日 水道局規程第10号
平成16年4月1日 水道局規程第4号
平成17年4月1日 上下水道局規程第5号
平成19年4月3日 上下水道局規程第8号
平成20年3月31日 上下水道局規程第9号
平成23年3月30日 上下水道局規程第6号
平成25年3月29日 上下水道局規程第7号
平成27年3月31日 上下水道局規程第5号
平成28年3月25日 上下水道局規程第6号