○那覇市歴史博物館条例

平成18年3月31日

条例第5号

(設置)

第1条 歴史及び文化に関する資料(以下「歴史資料等」という。)の収集、保存、展示、公開、調査及び研究をすることにより、市民の教養、学術及び文化の向上に寄与するため、那覇市歴史博物館(以下「歴史博物館」という。)を設置する。

(位置)

第2条 歴史博物館の位置は、那覇市久茂地1丁目1番1号とする。

(事業)

第3条 歴史博物館は、次に掲げる事業を行う。

(1) 歴史資料等の収集、保存、展示及び公開

(2) 歴史資料等の調査及び研究

(3) 歴史資料等についての説明、助言、指導等

(4) 展覧会、研究会等の開催及びそのための施設の提供

(5) 歴史資料等についての解説書、図録、目録、研究紀要等の刊行

(6) その他市長が必要と認める事業

(利用時間及び休館日)

第4条 歴史博物館の利用時間は、午前10時から午後7時までとする。ただし、市長は、必要があると認めるときは、利用時間を変更することができる。

2 歴史博物館の休館日は、次に掲げるとおりとする。ただし、市長は、必要があると認めるときは、臨時に開館し、又は休館することができる。

(1) 木曜日

(2) 12月28日から翌年の1月4日までの日

(入館の制限等)

第5条 市長は、次の各号のいずれかに該当する者に対しては入館を拒み、又は退館を命ずることができる。

(1) 他人に危害を加え、又は迷惑を及ぼすおそれがある者

(2) 施設、設備又は資料を損傷するおそれがある者

(3) 管理上必要な指示に従わない者

(利用許可)

第6条 歴史博物館を利用しようとする者は、市長の許可(以下「利用許可」という。)を受けなければならない。許可された事項を変更しようとするときも、同様とする。

2 市長は、利用許可をする場合においては、管理上必要な条件を付することができる。

(使用料)

第7条 歴史博物館を利用しようとする者は、市長に対し、その利用に係る使用料を納付しなければならない。

2 使用料は、別表第1から別表第3までに定めるとおりとする。

3 使用料は、市長が定める日までに納付しなければならない。

4 既に納付された使用料は、還付しないものとする。ただし、規則で定める事由に該当する場合は、その全部又は一部を還付することができる。

(使用料の免除)

第8条 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、使用料の全部を免除することができる。

(1) 本市内の小学校及び中学校の児童及び生徒並びにその引率者が学校行事等として観覧する場合

(2) 就学困難な児童及び生徒に係る就学奨励についての国の援助に関する法律(昭和31年法律第40号)第2条に規定する給与を受けている者の保護する児童及び生徒が観覧する場合

(3) 特別支援学校の児童及び生徒並びに小学校及び中学校の特別支援学級(学校教育法(昭和22年法律第26号)第81条の特別支援学級をいう。)の児童及び生徒並びにその引率者が観覧する場合

(4) 児童福祉法(昭和22年法律第164号)第7条の児童福祉施設(保育所及び児童厚生施設を除く。)に入所し、又は通っている者及びその引率者が観覧する場合

(5) 身体障害者福祉法(昭和24年法律第283号)第15条第4項の規定による身体障害者手帳の交付を受けている者及びその引率者が観覧する場合

(6) 知的障がい者(児童相談所若しくは知的障害者更生相談所の長又は精神科医により知的障がい者と認定された者をいう。)及びその引率者が観覧する場合

(7) 老人福祉法(昭和38年法律第133号)第5条の3の老人福祉施設に入所している者及びその引率者が観覧する場合

(8) 精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(昭和25年法律第123号)第45条第2項の規定による精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている者及びその引率者が観覧する場合

2 市長は、次の各号のいずれかに該当する場合は、使用料の全部又は一部を免除することができる。

(1) 本市が主催又は共催する行事に利用する場合

(2) 他の地方公共団体が主催する行事に利用する場合

(3) その他市長が特別の理由があると認める場合

(利用許可の制限)

第9条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、歴史博物館の利用を許可しない。

(1) 公の秩序を乱し、又は善良の風俗を害するおそれがあるとき。

(2) 施設、設備又は資料を損傷し、又は滅失するおそれがあるとき。

(3) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為等(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第1号の暴力的不法行為等をいう。)を行うおそれがある組織の利益になると認められるとき。

(4) 管理上支障があるとき。

(5) その他市長が不適当と認めるとき。

(利用許可の取消し等)

第10条 市長は、次の各号のいずれかに該当するときは、利用許可を取り消し、若しくは変更し、又はその利用を制限し、若しくは停止することができる。

(1) 利用許可を受けた者(以下「利用者」という。)この条例又はこれに基づく規則に違反したとき。

(2) 利用者が利用許可の条件に違反したとき。

(3) 利用者が偽りその他不正な手段により利用許可を受けたとき。

(4) 管理に支障を及ぼすおそれがあるとき。

(施設の変更禁止)

第11条 利用者は、歴史博物館を利用する場合においては、施設を模様替えし、又はこれに特別の設備を付設してはならない。ただし、市長が特別の理由があると認めるときは、この限りでない。

(利用権の譲渡等の禁止)

第12条 利用者は、歴史博物館の利用の権利を譲渡し、又は転貸してはならない。

(原状回復の義務)

第13条 利用者は、利用を終了したときは、直ちに原状に復するものとする。

(運営審議会)

第14条 市長の諮問に応じ、歴史博物館の運営に関する基本的事項を審議するため、那覇市歴史博物館運営審議会(以下「審議会」という。)を置く。

2 審議会は、委員10人以内で組織する。

3 前2項に定めるもののほか、審議会の組織及び運営に関し必要な事項は、規則で定める。

(委任)

第15条 この条例の施行に関し必要な事項は、規則で定める。

1 この条例は、公布の日から起算して6月を超えない範囲内において規則で定める日から施行する。ただし、第14条の規定は平成18年4月1日から、次項の規定は公布の日から施行する。

(平成18年規則第29号で平成18年7月8日から施行)

2 利用許可に関する手続その他この条例の施行に必要な準備行為は、この条例の施行前においても行うことができる。

(平成19年12月28日条例第51号)

この条例は、公布の日から施行する。

(平成26年12月26日条例第69号)

(施行期日)

1 この条例は、平成27年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の那覇市歴史博物館条例の規定は、この条例の施行の日以後の利用に係る使用料について適用し、同日前の利用に係る使用料については、なお従前の例による。

別表第1(第7条関係)

区分

単位

観覧料(1人につき)

一般

高校生・大学生

小学生・中学生

常設展

個人

1日

350円

200円

100円

1年

1,200円

800円

400円

団体(20人以上)

1日

280円

160円

80円

特別企画展

個人又は団体

1日

2,000円の範囲内で市長が定める額

備考

1 この表は、本市の事業を観覧させる場合に適用する。

2 高等専門学校生、大学院生等は、高校生・大学生の観覧料を適用する。

別表第2(第7条関係)

区分

単位

資料の使用料

ビデオ撮影

資料1点

4,400円

写真撮影

1アングル

2,200円

備考 1アングルとは、同一の記録媒体により一の角度から撮影した場合をいう。

別表第3(第7条関係)

区分

単位

施設使用料

入場料を徴収しない場合

1日

3,000円

入場料を徴収する場合

1日

14,200円

備考 展示品の販売、会費の徴収その他これらに類する行為がある場合は、入場料を徴収する場合の額を適用する。

那覇市歴史博物館条例

平成18年3月31日 条例第5号

(平成27年4月1日施行)