○那覇市上下水道局資材の譲与に関する規程

平成24年3月30日

上下水道局規程第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、排水溝等の工事を行う者に対し、公益上の必要に基づいてする資材の譲与について、必要な事項を定めるものとする。

(用語の定義)

第2条 この規程で、工事とは下水道法(昭和33年法律第79号)に定める公共下水道及び都市下水路並びにかんがい排水施設以外の排水溝等の新設、改良及び維持の工事をいう。

(譲与資材の品目)

第3条 譲与する資材は、次に掲げるものとする。ただし、第4号及び第5号の資材は、暗きよ工事に限り譲与することができる。

(1) 路面舗装用材料

(2) ヒューム管、U字溝、落ふたU字溝

(3) 間知ブロック

(4) セメント

(5) 鉄筋

(6) レデーミクストコンクリート(生コン)

(7) 防護さく

(譲与の申請)

第4条 資材の譲与を受けようとする者は、資材譲与申請書(第1号様式)に、次に掲げる書類を添えて、上下水道事業管理者(以下「管理者」という。)に提出しなければならない。

(1) 工事位置図

(2) 工事設計図

(3) その他管理者が必要と認める書類

(資材譲与の決定)

第5条 管理者は、前条の規定による申請書を受理したときは、現地調査及び書類審査の上、適当と認める者については、資材の譲与を決定し、資材譲与通知書(第2号様式)により、申請者に通知するものとする。

(条件)

第6条 管理者は、資材の譲与目的を達成するため、工事の施工、その他必要な事項について条件を付することができる。

(工事の変更、中止等)

第7条 資材の譲与を受けた者(以下「工事施工者」という。)は、次の各号の一に該当するときは、工事の変更、中止等承認申請書(第3号様式)により、速やかに管理者に届け出て、その承認を受けなければならない。

(1) 工事の位置又は設計を変更しようとするとき。

(2) 工事を中止し、又は廃止しようとするとき。

(資材譲与の取消等)

第8条 工事施工者が、次の各号の一に該当するときは、管理者は、資材の譲与を取り消し、又は、既に譲与した資材の全部若しくは一部の返還を命ずることができる。

(1) この規程に違反したとき。

(2) 譲与条件に違反したとき。

(3) 工事の施工が不適当と認められたとき。

(4) その他、管理者が不適当と認める理由があるとき。

(受領書の提出)

第9条 工事施工者は、資材の交付を受けたときは、速やかに資材受領書(第4号様式)を管理者に提出しなければならない。

(工事の着手)

第10条 工事の着手期日は、特に期日を定めたものを除くほか、資材受領の日から7日以内とする。

(工事施工の指導)

第11条 管理者は、特に必要があると認めたときは、工事の施工に立ち会い技術的な指導を行うものとする。

(確認調査)

第12条 管理者は、工事施工者から工事完了の通知を受けたときは、職員をして現地調査を行わせ、当該工事が資材譲与の決定の内容及びこれに付した条件に適合するものであるかどうかを確認し、適合すると認めるときは、当該工事施工者に対してその旨通知するものとする。

2 前項の確認調査を命じられた職員は、工事完成確認調書(第5号様式)を作成しなければならない。

(是正のための措置)

第13条 管理者は、前条の確認調査により、資材譲与の決定の内容及びこれに付した条件に適合しないと認めたときは、当該工事につき、これに適合させるための措置を執るべきことを当該工事施工者に命ずることができる。

付 則

この規程は、平成24年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

那覇市上下水道局資材の譲与に関する規程

平成24年3月30日 上下水道局規程第3号

(平成24年4月1日施行)