○那覇市上下水道局庁舎等管理規程

平成26年3月27日

上下水道局規程第5号

那覇市上下水道局庁舎等管理規程(1969年水道局規定第1号)の全部を改正する。

(目的)

第1条 この規程は、那覇市上下水道局の庁舎における秩序の維持及び災害の防止を図りもって公務の円滑かつ適正な執行及び効率的運営を確保することを目的とする。

2 庁舎の利用及び管理については、他の法律、条例及び規程等に特別の定めがある場合を除くほか、この規程に定めるところによる。

(庁舎の定義)

第2条 この規程において「庁舎」とは、上下水道事業の用に供する建物、土地、構造物及びこれらに附帯する工作物その他の施設(那覇市職員厚生会及び貸付部分並びに直接公共の用に供する部分を除く。)で、那覇市上下水道事業管理者の管理に属するものをいう。

(庁舎管理者)

第3条 第1条の目的を達成するため、別表に定める区分に従い庁舎管理者を置く。

2 庁舎管理者は、それぞれ所管する庁舎において、次の各号に掲げる事項を総括処理するものとする。

(1) 庁舎の保全及び秩序の維持に関すること。

(2) 火災、盗難その他の災害防止に関すること。

(3) その他庁舎の管理に関すること。

(管理補助者)

第4条 庁舎管理者は、庁舎管理者の事務を補助するため管理補助者を置き、庁舎管理者が指定する職員(以下「管理補助者」という。)をもって充てる。

2 庁舎管理者に事故があるとき、または庁舎管理者が欠けたときは、管理補助者がその職務を代理する。

(守衛及び警備)

第5条 庁舎管理者は、庁舎の監守並びに災害及び盗難の防止等のため、必要に応じ守衛及び警備業務を行うものを置くことができる。

2 この規程に定めるもののほか、守衛及び警備業務について必要な事項は、庁舎管理者が別に定める。

(禁止行為)

第6条 庁舎においては、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 示威またはけん騒にわたる行為をすること。

(2) 通行の妨害になる行為をすること。

(3) 庁舎及び物件を損傷し、庁舎の美観を損し、又は不潔な行為をすること。

(4) 庁舎管理者が指定する場所を除き、危険な場所等において喫煙し、又は火気を取り扱うこと。

(5) 正当な理由がなく凶器、爆発性物質等の危険物を持ち込むこと。

(6) 職員に面会を強要すること。

(7) 庁舎に用務のない者が駐車をすること。ただし、庁舎管理者において必要と認める場合は、この限りでない。

(8) 庁舎管理者が指定した場所以外に車両又はこれに類するものを乗り入れ、又は駐車すること。

(9) 許可なく撮影、録音、録画又は放送(以下「撮影等」という。)を行うこと。

(10) 前各号に掲げるもののほか、情報管理上不適当な行為及び庁内の秩序を乱し公務の円滑な遂行を妨げる行為をすること。

2 庁舎管理者は、前項各号の規定に違反した者に対しては、直ちに庁舎から退去させ、又は当該物件の撤去を命ずることができる。この場合において、物件の撤去を命ぜられた者が物件を撤去しないときは、庁舎管理者は、当該物件を撤去することができる。

(許可を必要とする行為)

第7条 庁舎において次に掲げる行為をしようとする者は、あらかじめ庁舎管理者の許可を受けなければならない。

(1) 市の機関以外のものが主催する集会又はこれに類する行為をすること。

(2) 物品の販売、宣伝、勧誘又は寄付の募集その他これらに類する行為をすること。

(3) 公用を目的とするもの以外の広告物等を掲示し、配布し、若しくは回覧し、又は公用を目的とするもの以外の看板、立札類を設置する行為をすること。

(4) 仮設工作物の設置その他庁舎を一時的かつ特別に使用する行為をすること。

(5) 旗、幕、プラカードその他これらに類するもの又は拡声器、宣伝車等を所持し、若しくは持ち込もうとする行為をすること。

(6) 撮影等をすること(市が開催する記者会見等において報道機関が行うもの及び市の職員が職務上行うものを除く。)

(7) 30人以上の団体見学

2 庁舎管理者は、前項の許可をする場合において必要な条件を付し、又は指示することができる。

3 第1項の許可を受けようとする者(以下「申請者」という。)は、あらかじめ庁舎使用許可申請書(以下「申請書」という。)を庁舎管理者に提出し許可を受けねばならない。

4 庁舎管理者は、許可をするときは、申請者に許可書を交付するものとする。

5 庁舎管理者は、前2項の規定にかかわらず、庁舎管理者において、簡易な使用と認めるときには、申請書の提出を省略し、又は許可書の交付を省略することができる。

6 庁舎管理者は、第1項の許可を受けた者が、その許可の内容又は第2項の条件、指示に違反したとき若しくは前条に規定する行為を行ったときは、許可を取り消し、その行為を中止させ、又は当該物件の撤去を命ずることができる。この場合において、物件の撤去を命ぜられた者が物件を撤去しないときは、庁舎管理者は、当該物件を撤去することができる。

(不許可とすべき事項)

第8条 次の各号に該当するときは、庁舎の使用を許可することができない。

(1) 特定の団体の営利宣伝の目的に使用するとき。

(2) 特定の宗教活動の用に使用するとき。

(3) 特定の政治活動の営利宣伝の目的の用に使用するとき。

(4) 集団的に又は常習的に暴力的不法行為等(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第1号の暴力的不法行為等をいう。)を行うおそれがある組織の利益となると認められるとき。

(5) 第6条第1項に規定する禁止行為をするおそれがあるとき。

(集団立入りの制限)

第9条 多数の者が陳情等の目的で庁舎に立ち入ろうとする場合において、庁舎管理者は、庁舎の秩序の維持又は災害の防止若しくは公務の正常かつ円滑な執行及び効率的運営のため必要があると認めるときは、庁舎へ立ち入る者の人数、時間若しくは行動の場所を制限し、又は庁舎への立入りを禁止する等の必要な措置を講ずることができる。

(入場の制限)

第10条 庁舎管理者は、庁舎の秩序の維持又は災害の防止若しくは公務の正常かつ円滑な執行及び効率的運営のため必要があると認めるときは、庁舎に入ろうとする者に、その入場の目的を質問し、又は入場を禁止することができる。

(庁舎の出入口の開閉等)

第11条 庁舎の出入口は、本市の休日を除き、午前7時30分に開き、午後6時に閉じる。ただし、庁舎管理者が必要と認めるときは、これを変更することができる。

2 庁舎管理者は、特別の理由があると認めるときは、前項の規程にかかわらず、直ちに開閉し、又はその時間を変更することができる。

3 出入口の閉鎖後及び本市の休日に庁舎に出入りする者は、出入りの際、住所(職員にあっては課名)、氏名及び用件を守衛業務を行うものに届け出なければならない。

(事故の届出)

第12条 庁舎内において盗難、拾得物又は設備若しくは物件の破損があった場合は、庁舎管理者に届け出なければならない。

(庁舎利用に係る協力義務)

第13条 職員その他庁舎を利用する者は、庁舎を常に良好な状態で使用するとともに、庁舎の管理について庁舎管理者に協力し、その指示に従わなければならない。

(予定物についての準用)

第14条 この規程は、那覇市上下水道事業の用に供するものと決定した建物、土地、その他の設備(直接公共の用に供するものと決定したものを除く。)で那覇市上下水道事業管理者の管理に属するものについて準用する。

(委任)

第15条 この規程に定めるもののほか、庁舎の秩序の維持及び管理について必要な事項は、別に定める。

付 則

この規程は、平成26年4月1日から施行する。

付 則(平成27年3月31日上下水道局規程第1号)

この規程は、平成27年4月1日から施行する。

付 則(平成31年3月28日上下水道局規程第1号)

この規程は、平成31年4月1日から施行する。

別表(第3条関係)

区分

庁舎管理者

那覇市上下水道局 本庁舎

上下水道部長

ポンプ場

配水課長

配水池

下水道施設

下水道課長

那覇市上下水道局庁舎等管理規程

平成26年3月27日 上下水道局規程第5号

(平成31年4月1日施行)