○那覇市上下水道局非常勤職員の報酬等に関する規程

令和2年3月31日

上下水道局規程第8号

(趣旨)

第1条 この規程は、那覇市上下水道局企業職員の給与の種類及び基準を定める条例(1967年那覇市条例第19号)第19条第1項第3号に規定する非常勤職員のうち、地方公務員法(昭和25年法律第261号)第3条第3項第3号に規定する非常勤職員(以下「非常勤職員」という。)の報酬及び費用弁償に関して必要な事項を定めるものとする。

(報酬額)

第2条 非常勤職員の報酬の額は、次表の額とする。

職種

報酬

産業医

月額 60,000円

第3条 月額による報酬は、在職した月数に応じて支給する。

2 前項の規定にかかわらず、非常勤職員が次の各号のいずれかに該当するときは、報酬を支給しないものとする。

(1) 心身の故障により職務を適正に行うことができない月があるとき。

(2) その他管理者が必要と認めるとき。

(費用弁償)

第4条 非常勤職員が那覇市上下水道局庁舎において勤務するときは、費用弁償として通勤に要する費用を支給する。

2 費用弁償の額は、那覇市職員等の旅費支給条例(昭和47年那覇市条例第44号)による2等級職員の日当の2分の1の額に相当する額とする。

(報酬等の支給日)

第5条 報酬及び費用弁償額は、その月分を翌月20日に支給する。ただし、その支給日が土曜日、日曜日又は那覇市上下水道局企業職員就業規程(昭和63年那覇市水道局規程第4号)第8条に規定する休日に当たるとき、又は特に必要があるときは、繰り上げて支給することができる。

(補則)

第6条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は管理者が定める。

付 則

この規程は、令和2年4月1日から施行する。

那覇市上下水道局非常勤職員の報酬等に関する規程

令和2年3月31日 上下水道局規程第8号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第12類 公営企業/第1章 上下水道事業/第5節 給与等
沿革情報
令和2年3月31日 上下水道局規程第8号