○南牧村の公印に関する規程

昭和50年1月1日

訓令甲第3号

(趣旨)

第1条 公印の制式、公印の保管その他公印の取扱いについては、別に定めがあるものを除くほか、この訓令の定めるところによる。

(定義)

第2条 この訓令において公印とは、庁印及び職印で別表名称欄に掲げるものをいい、その書体、寸法、ひな型、公印保管者及び用途は、それぞれ当該各欄に掲げるとおりとする。

(公印取扱いの報告及び調査)

第3条 総務部長は、必要があると認めるときは、他の公印保管者が保管する公印の取扱いに関し報告を求め、又は調査することができる。

(公印の新調、改刻等)

第4条 公印保管者は、公印を新調、改刻又は廃止しようとするときは、村長の決裁を受けなければならない。

2 公印保管者(総務部長である公印保管者を除く。以下第6条第2項に同じ。)は、前項の決裁を受けようとするときは、総務部長に合議しなければならない。この場合において、公印保管者が出先機関の長であるときは、当該出先機関の主管部署において起案するものとする。

(公印の告示)

第5条 村長は、公印を調製し、改刻し、又は廃棄したときは、公印の種類、用途及び印影並びに使用開始年月日又は廃止年月日を告示するものとする。

(公印台帳)

第6条 総務部長は、公印台帳を備え、常に整理しておかなければならない。

2 公印保管者は、公印を新調若しくは改刻したときは、又はこれを廃止したときは、所要事項を記載した公印台帳用紙(様式第1号)又は廃止年月日及び理由を記載した文書を、総務部長に提出しなければならない。

(公印事故届)

第7条 公印保管者は、公印に盗難、紛失その他の事故があったときは、速やかに公印事故届(様式第2号)により村長に届け出て、その指示を受けなければならない。

(公印使用)

第8条 公印は、押印すべき文書に決裁済みの回議書等を添えて公印保管者の照合を受けてから、明りょうかつ正確に押さなければならない。

(印影の印刷)

第9条 次の各号に掲げる文書は、公印の押印に代えて印影を印刷することができる。

(1) 村税に係る納付又は納入告知書等

(2) 村税外収入に係る納入通知書等

(3) 総務部長が適当と認めた文書

附 則

1 この訓令は、昭和50年4月1日から施行する。

2 この訓令施行の際、現に使用中の公印は、当分の間、この訓令により調製したものとして使用することができる。

附 則(昭和55年訓令甲第2号)

この訓令は、昭和55年11月1日から施行する。

附 則(昭和58年訓令甲第1号)

この訓令は、昭和58年4月1日から施行する。

附 則(平成9年訓令甲第1号)

この訓令は、平成9年7月28日から施行する。

附 則(平成18年訓令甲第1号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成19年訓令甲第5号)

この訓令は、平成19年4月1日から施行する。

附 則(平成26年訓令甲第2号)

この訓令は、平成26年10月1日から施行する。

別表(第2条関係)

名称

書体

寸法

ひな型

公印保管者

用途

村長印

てん書

方20ミリメートル

画像

総務部長


てん書

方20ミリメートル

画像

総務部長


てん書

方20ミリメートル

画像

住民生活部長


てん書

方20ミリメートル

画像

住民生活部長

戸籍証明用

てん書

方20ミリメートル

画像

振興整備部長


会計管理者印

てん書

方20ミリメートル

画像

会計管理者


庁印

てん書

方30ミリメートル

画像

総務部長


職務代理者印

てん書

方18ミリメートル

画像

総務部長


画像

画像

南牧村の公印に関する規程

昭和50年1月1日 訓令甲第3号

(平成26年10月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第3節 文書・公印
沿革情報
昭和50年1月1日 訓令甲第3号
昭和55年11月1日 訓令甲第2号
昭和58年3月31日 訓令甲第1号
平成9年7月22日 訓令甲第1号
平成18年3月31日 訓令甲第1号
平成19年3月30日 訓令甲第5号
平成26年9月24日 訓令甲第2号