○南牧村職員の人事記録に関する規程

平成13年3月30日

規程第4号

(趣旨)

第1条 この規程は、職員の人事管理が正確かつ公正に行われるために、人事記録に関し必要な事項を定めるものとする。

(人事記録の種類)

第2条 人事記録は、職員の人事に関する次の各号に掲げる記録とする。

(1) 次条の規定により作成された人事記録カード

(2) 職員が採用時に任命権者に提出した履歴書

(3) 職員の前歴調査、その他の調査記録で、任命権者が必要と認めるもの

(4) 学校の卒業、修業又は在学の証明書で、任命権者が必要と認めるもの

(5) 免許、検定その他資格に関する記録で、任命権者が必要と認めるもの

(6) 職員の服務の宣誓に関する条例(昭和30年南牧村条例第10号)の規定により、職員が署名した服務の宣誓書

(7) 採用時の健康診断書及び任命権者が必要と認めるその他の健康診断の結果の記録

(8) 人事異動通知書

(9) 表彰に関する記録で、任命権者が必要と認めるもの

(10) 職員が提出した退職の願出の書面

(11) 地方公務員法(昭和25年法律第261号)第49条により交付した処分説明書の写し

(12) 前各号のほか、任命権者が必要と認める人事に関する記録

(人事記録カード)

第3条 任命権者は、職員の経歴に関する主要な事項を表示する人事記録カードを作成しなければならない。

2 人事記録カード(様式第1号)は、職員の採用以降のものについて記載し、その記載要領は、次によるものとする。

(1) 任免又は異動事項は、職員に係る採用、昇任、降任、転任、派遣、休職、退職、免職及び懲戒並びに給与に関して決定又は処分のあった一切の事項についてその内容を辞令書(通知書)の文言に従い、発令(通知)年月日、発令庁名とともにその都度順次記載する。

(2) 制度の改正は、条例等の制定又は改廃により職名又は勤務課所等の名称が変更された場合、条例の制定又は改廃により給与改訂があった場合等にその根拠規定、年月日及び改正された事項を記載する。

(3) 免許、検定その他の資格は、任命権者が必要と認めるものについてその名称、取得年月日等を記載する。

(4) 研修は、任命権者が必要と認めるもので、その年月日、研修機関名、研修名、研修期間等について記載する。なお、任命権者が派遣した国内留学及び外国留学についてもその年月日、留学先の名称、専攻科目名、留学期間等について記載する。

(5) 表彰については、任命権者が必要と認めるものについて記載する。

(人事記録の異動)

第4条 職員は、人事記録記載事項に変更を生じたときは、速やかに人事記録異動届(様式第2号)にその事実を証明する書類を添えて提出するものとする。

(人事記録の保管及び保管期間)

第5条 人事記録は、職員ごとに、とりまとめて保管しなければならない。

2 人事記録は、職員の離職後10年間保管しなければならない。ただし、第2条第1号に掲げる人事記録は、永久に保管しなければならない。

附 則

この規程は、平成13年4月1日から施行する。

画像画像

画像

南牧村職員の人事記録に関する規程

平成13年3月30日 規程第4号

(平成13年3月30日施行)