○南牧村スクールバス運行及び管理規則

昭和57年1月29日

教委規則第1号

(趣旨)

第1条 南牧村立学校の児童生徒の安全な通学を確保するため、スクールバス(以下「バス」という。)を運行するものとし、バスの運行に関し、必要な事項を定めるものとする。

(実施の主体)

第2条 バス運行の実施主体は、南牧村とする。

(維持管理)

第3条 バスの維持管理は、南牧村教育委員会(以下「委員会」という。)が行う。

(利用者の範囲)

第4条 バスを利用できる者は、次のとおりとする。

(1) 南牧村連絡区設置規則(昭和43年南牧村規則第26号)別表に規定する連絡区(以下「連絡区」という。)で大字千原以外の区域から通学する児童

(2) 連絡区のうち、大字大日向以外の区域から通学する生徒

(運行区間)

第5条 バスの運行区間は、次のとおりとする。

(1) 前条で定めた利用者の範囲に該当する児童が居住する地区から小学校まで

(2) 前条で定めた利用者の範囲に該当する生徒が居住する地区から中学校まで

(利用の特例)

第6条 前2条の規定にかかわらず、特に委員会で必要と認めた場合には、利用及び運行することができる。

(運転管理者及び整備管理者)

第7条 バスの安全な運行を行うため、運転管理者を置く。

2 運転管理者は、運転手を指揮監督し、バスの安全な運行を図る。

3 整備管理者は、バスの整備点検を行い、バスの安全な運行につとめる。

4 運転管理者及び整備管理者は、委員会が任命する。

(運行日)

第8条 バスの運行日は、小学校及び中学校の授業日とし、登校1回、下校1回を原則とする。ただし、必要に応じ下校2回とすることができる。

2 第6条に規定する運行については、前項の規定は適用しない。

(バスの格納場所)

第9条 バスの格納場所は、それぞれ南牧村大字大日向1084番地3及び大字千原198番地15とする。

(乗車上の注意)

第10条 バスに乗車する児童等は、指示された席に座り、上級生又は運転者等の注意に従い、乗降者及び運転に支障ある行為をしてはならない。

(運転者)

第11条 バス運転者は、南牧村が委託した者又は委員会の指定した者が行う。

2 運転者は、運転管理者の指示、監督を受け、バス運行の目的を充分認識し、交通法規を遵守し、安全な運転を行うものとする。

3 運転者は、別に定める登下校の時刻に運転し、そのほかは、運転管理者の指示に従うものとする。

4 運転者は、病気その他の事故により、運転ができないときは、あらかじめ、運転管理者に届出、その許可を受けるものとする。

5 運転者は、運転に当たって次の各号に掲げるものを必ず携帯しなければならない。

(1) 運転免許証

(2) 自動車検査証

(3) 損害賠償責任保険証

(4) 乗車児童等の名簿

(5) 工具

(6) その他必要とするもの

(運転前の措置)

第12条 運転者は、日常点検表により運転前バスの点検を行い運転の確認を行うものとする。

(運転中の措置)

第13条 運転者は、運転中各停留所において、乗車児童等名簿により登下校児童を確認し、併せて出欠の状況を把握すると同時に欠席児童等ある場合は、その旨学校等に連絡するものとする。また乗降及び走行中事故の起らないよう万全の注意をするものとする。

(運転終了後の措置)

第14条 運転者は、運転終了後は、バスの清掃を行い、所定の場所に格納するものとする。

(給油)

第15条 給油は、委員会が指定する給油所により行うものとする。

(バスの補修)

第16条 運転者は、常にバスの状況を把握し、異常を認めたときは、直ちに運転管理者に届け出なければならない。

2 バスの修理及び必要な事項は、委員会又は運転管理者の指示による。

(運転日誌)

第17条 運転者は、毎日の運転状況、燃料の補給状況及び補修状況をスクールバス運転日誌に記入し、運転管理者等の検閲を受けるものとする。

(事故の措置)

第18条 運転者は、バスによる事故を起こした場合は、直ちに運転管理者に届出、運転管理者又は委員会の指示により処理するものとする。

(運行の停止措置)

第19条 運転管理者は、気象の状況、災害及び運転者の事故等やむを得ない事情により、バスの運行を停止した場合は、速やかにその状況及び措置を委員会に連絡するものとする。

(その他必要な事項)

第20条 この規則に定めない事項については、その都度協議して定める。

附 則

この規則は、昭和57年4月1日から実施する。

附 則(昭和58年教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行し、昭和58年4月1日から適用する。

附 則(昭和63年教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成6年教委規則第7号)

この規則は、平成6年4月1日から施行する。

附 則(平成14年教委規則第6号)

この規則は、平成14年4月1日から施行する。

附 則(平成17年教委規則第2号)

(施行期日)

1 この規則は、平成17年4月1日から施行する。

(経過措置)

2 改正後の第4条第2号の規定は、南牧村立南牧中学校の教場に関する規則(平成17年南牧村教育委員会規則第1号。以下「規則」という。)の失効の日までは、「前号の区域で大字小沢、大字大塩沢、大字千原、大字磐戸及び大字桧沢の区域から通学する生徒」と読み替えるものとする。

3 改正後の第5条第2号の次に規則の失効の日まで次の1号を加える。

(3) 大字大塩沢字日向から大字大日向字田ノ平まで

附 則(平成20年教委規則第5号)

この規則は、平成20年10月1日から施行する。

附 則(平成31年教委規則第2号)

この規則は、公布の日から施行する。

南牧村スクールバス運行及び管理規則

昭和57年1月29日 教育委員会規則第1号

(平成31年3月22日施行)

体系情報
第7編 育/第2章 学校教育
沿革情報
昭和57年1月29日 教育委員会規則第1号
昭和58年8月20日 教育委員会規則第2号
昭和63年8月9日 教育委員会規則第2号
平成6年1月5日 教育委員会規則第7号
平成14年3月19日 教育委員会規則第6号
平成17年3月17日 教育委員会規則第2号
平成20年9月22日 教育委員会規則第5号
平成31年3月22日 教育委員会規則第2号