○南牧村文化財調査委員設置規則

昭和47年8月25日

教委規則第3号

(設置の目的及び職務)

第1条 この規則は、文化財保護法(昭和25年法律第214号)及び群馬県文化財保護条例(昭和51年群馬県条例第39号)の精神と目的を実現し、南牧村所在の文化財の保護に遺憾なきを期することを目的とする。

2 前項の目的を達するために、南牧村教育委員会(以下「委員会」という。)に南牧村文化財調査委員を置く。

3 文化財調査委員は、委員会を通じて次に掲げる事項について群馬県教育委員会に報告しなければならない。

(1) 古墳、遺跡が発見されたとき又は古墳、遺跡の発掘が適法でない場合

(2) 文化財と認められるものが発見された場合

(3) 文化財と認められるものが亡失のおそれがある場合

(4) 指定文化財の保存管理状況

(5) 文化財の活用状況

(6) その他文化財の保存上必要と認めたこと

(会議の招集)

第2条 会議は、必要がある場合に開くものとし、教育長がこれを召集する。

(議長及び副議長)

第3条 会議には、議長及び副議長を置く。

2 議長及び副議長は、委員の互選により定める。

(事務局及び書記)

第4条 事務局を委員会内に置く。

2 書記は、委員会事務局職員のうちから教育長が命ずる。

3 書記は、会議の事務を処理する。

(その他)

第5条 この規則に定めるもののほか、文化財調査委員設置について必要な事項は、別に委員会が定める。

附 則

この規則は、公布の日から施行する。

附 則(平成3年教委規則第1号)

この規則は、公布の日から施行する。

南牧村文化財調査委員設置規則

昭和47年8月25日 教育委員会規則第3号

(平成3年2月19日施行)

体系情報
第7編 育/第3章 社会教育
沿革情報
昭和47年8月25日 教育委員会規則第3号
平成3年2月19日 教育委員会規則第1号