○南牧村農業委員会事務局職員の職の設置に関する規則

昭和42年4月1日

農委規則第2号

(趣旨)

第1条 南牧村職員定数条例(昭和30年南牧村条例第18号)第4条の規定により、南牧村農業委員会事務局職員の職名は、この規則に定めるところによる。

(職名)

第2条 職員の職名は、次のとおりとする。

事務局長、次長、主事

(職務)

第3条 事務局長は、農業委員会長の指揮を受け、所属職員を指揮監督し、事務局の事務を統理する。

2 次長は、上司の命を受け、局長を補佐し、事務をつかさどる。

3 主事は、上司の命を受け、農地事務をつかさどる。

4 主事は、上司の命を受け、農業振興事務をつかさどる。

第4条 事務局長に事故があるときは、次長がその事務を代理する。

1 この規則は、昭和42年1月1日から施行する。

2 この規則の施行の際、現にこの規則に職名の定める職に補せられ、又は命ぜられている者は、それぞれこの規則による当該職を命ぜられたものとする。

(昭和56年農委規則第1号)

この規則は、昭和56年4月1日から施行する。

南牧村農業委員会事務局職員の職の設置に関する規則

昭和42年4月1日 農業委員会規則第2号

(昭和56年3月27日施行)

体系情報
第9編 産業経済/第1章 農業委員会
沿革情報
昭和42年4月1日 農業委員会規則第2号
昭和56年3月27日 農業委員会規則第1号