○南牧村スポーツ競技大会壮行金交付要綱

平成29年3月22日

教委告示第5号

(目的)

第1条 この要綱は、南牧村に住所を有し、かつ、居住(以下「在住」という。)する者等が、各種競技大会に出場する場合に壮行金を交付することにより、本村におけるスポーツの振興を図ることを目的とする。

(大会基準)

第2条 交付の対象となる大会の基準は、群馬県、文部科学省及び公益財団法人日本体育協会等が主催又は主管する大会とする。

(交付の対象)

第3条 交付の対象は、予選会を通過し、かつ、前条の要件を満たす大会に出場する個人及び団体で次に掲げる者とする。

(1) 南牧村に在住する者

(2) 南牧村出身で在学中の学生等については、保護者が南牧村在住の者

(3) 団体については、監督、コーチ、選手の過半数の者が南牧村に在住している団体

(壮行金の額)

第4条 壮行金の額は次のとおりとする。

大会

区分

金額

関東大会以上の大会

個人

10,000円

団体

40,000円

群馬県大会

個人

5,000円

団体

40,000円

※ 団体は、1チーム10人未満の場合は、2分の1の額とする。

(交付の申請)

第5条 壮行金の交付を受けようとする個人及び団体(以下「申請者」という。)は、次に掲げる書類により村長に申請しなければならない。

(1) 壮行金交付申請書(様式第1号)

(2) 大会要項及び選手名簿

(3) 予選大会の結果

(交付の決定)

第6条 村長は、前条の規定により申請があったときは、その内容を審査し、壮行金の交付の可否を決定し、壮行金交付決定通知書(様式第2号)により申請者に通知するとともに、壮行金を交付する。

(結果報告)

第7条 申請者は、次に掲げる書類を大会終了後、村長に提出しなければならない。

(1) 大会結果報告書(様式第3号)

(2) 大会等に出場したことを明らかにする書類等

(決定の取り消し)

第8条 申請者が次に掲げるいずれかに該当することとなったときは、壮行金交付決定の全部又は一部を取り消すものとする。

(1) 当該大会に不参加になったとき。

(2) 虚偽その他不正の手段により壮行金交付の決定を受けたとき。

(3) 壮行金の交付の決定内容又はこれに付した条件に違反したとき。

(壮行金の返還)

第9条 前条の規定により壮行金の決定が取り消された場合において、既に壮行金が交付されているときは、所定の期限までに壮行金を返還しなければならない。

(その他)

第10条 この要綱に定めるもののほか、必要な事項は村長が別に定める。

附 則

この要綱は、平成29年4月1日から施行する。

画像

画像

画像

南牧村スポーツ競技大会壮行金交付要綱

平成29年3月22日 教育委員会告示第5号

(平成29年4月1日施行)