○南牧村多世代交流カフェの設置及び管理に関する条例

平成30年1月22日

条例第1号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号)第244条の2第1項の規定に基づき、南牧村多世代交流カフェの設置及び管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(設置)

第2条 住民が様々な世代の人々と交流をすることができる施設を整備することにより、高齢者が生きがいを持てる生活の醸成と子ども・若者の次代の社会を担う活力の育成を図り、もって地域コミュニティの強化及び存続に資することを目的として設置する。

(名称及び位置)

第3条 施設の名称及び位置は次のとおりとする。

名称

位置

南牧村多世代交流カフェ「ひだまり」

南牧村大字小沢甲1238番地

(利用の制限)

第4条 村長は、次の各号のいずれかに該当するときは、南牧村多世代交流カフェ(以下「交流カフェ」という。)の利用を制限することができる。

(1) 公の秩序又は善良な風俗に反するおそれのあるとき。

(2) 施設又は設備をき損し、又は亡失させるおそれのあるとき。

(3) 暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団、暴力団員(同条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係を有している者

(4) 管理上その他に支障があると認められるとき。

(指定管理者による管理)

第5条 交流カフェの管理は、法人その他の団体であって村長が指定する者(以下「指定管理者」という。)に行わせるものとする。

(指定管理者が行う業務)

第6条 指定管理者は、次に掲げる業務(以下「管理業務」という。)を行うものとする。

(1) 飲食の提供に関すること。

(2) 地域の住民相互の交流に関すること。

(3) 交流カフェの施設、設備等の維持管理に関する業務

(4) 前各号に掲げるもののほか、交流カフェの設置の目的を達成するために村長が必要と認める業務に関すること。

(開館日及び開館時間)

第7条 交流カフェの開館日及び開館時間は、村長の承認を得て指定管理者が定める。

(指定管理者の指定の手続)

第8条 指定管理者の指定を受けようとする者は、村長が別に定める申請書に交流カフェの管理に関する事業計画書その他規則で定める書類を添えて村長に申請しなければならない。

2 村長は前項に規定する申請があったときは、事業計画書の内容、事業計画書に沿い交流カフェの管理を安定して行う能力等を審査の上、最も適当であると認めたものを指定管理者として指定する。

(指定の取消し等)

第9条 村長は、指定管理者の責めに帰すべき事由により当該指定管理者による管理を継続することができないと認めるときは、その指定を取り消し、又は期間を定めて管理の業務の全部または一部の停止を命ずることができる。

2 村長は、前項の規定により指定を取り消し、又は期間を定めて管理の業務の全部若しくは一部の停止を命じた場合において指定管理者に損害が生じても、その賠償の責めを負わない。

(指定管理者が行う管理の基準)

第10条 指定管理者は、法令、この条例この条例に基づく規則その他村長の定めるところに従い交流カフェの管理を行わなければならない。

(委託料)

第11条 村長は、第5条の規定により交流カフェの管理を指定管理者に行わせる場合にあっては、毎年度予算で定める範囲内で委託料を支払うことができる。

(指定管理者の秘密保持義務)

第12条 指定管理者又は交流カフェの業務に従事している者は、交流カフェの管理に関して知り得た秘密を漏らし、又は自己の利益のために使用してはならない。その職を退いた後も同様とする。

(損害賠償)

第13条 利用者は、故意又は過失により、施設、設備等をき損し、又は亡失したときは、村長の指示に従いその損害を賠償しなければならない。ただし、自己の責任に帰さない場合はこの限りでない。

(委任)

第14条 この条例に定めるもののほか、必要な事項は規則で定める。

附 則

(施行期日)

1 この条例は、平成30年4月1日から施行する。

(準備行為)

2 交流カフェに係る指定管理者の指定及びこれに関し必要な行為は、この条例の施行の日前においても行うことができる。

南牧村多世代交流カフェの設置及び管理に関する条例

平成30年1月22日 条例第1号

(平成30年4月1日施行)