○南砺市庁舎等管理規則

平成16年11月1日

規則第5号

(趣旨)

第1条 この規則は、庁舎等の管理に必要な事項を定めるものとする。

(定義)

第2条 この規則において、次の各号に掲げる用語の意義は、それぞれ当該各号に定めるところによる。

(1) 庁舎 市庁舎、出先機関の庁舎及びそれらの附属施設をいう。

(2) 庁内 庁舎及びその敷地をいう。

(3) 室 庁舎に設けられた課局の執務室、会議室、倉庫、電気施設等の部屋をいう。

(管理責任者)

第3条 庁内の管理に関する職務を行うため、庁舎に管理責任者を置く。

2 次の各号に掲げる施設の管理責任者は、それぞれ当該各号に定める職にある者をもって充てる。

(1) 市庁舎、福野市民センター、井波市民センター、城端市民センター、平市民センター、上平市民センター、利賀市民センター及び井口市民センター 総務部財政課長

(2) 出先機関の庁舎 当該出先機関の長。ただし、2以上の出先機関が共同で使用する庁舎においては、市長が指定する出先機関の長

第4条 管理責任者は、庁内の管理統括に関することを職務とする。

2 管理責任者は、庁舎の管理上必要な事項を次条に規定する管理者に指示することができる。

(管理者)

第5条 管理責任者は、所管の庁舎に管理者を置く。

2 次の各号に掲げる施設の管理者は、それぞれ当該各号に定める職にある者をもって充てる。

(1) 市庁舎 総務部財政課管財係長

(2) 福野市民センター、井波市民センター、城端市民センター、平市民センター、上平市民センター、利賀市民センター及び井口市民センター 当該市民センター統括

(3) 出先機関の庁舎 当該庁舎の管理責任者が指名する者

第6条 管理者は、次に掲げることを職務とする。

(1) 庁舎の秩序維持に関すること。

(2) 庁舎における盗難の防止に関すること。

(3) 庁舎の整理整頓及び清潔に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、庁舎の保全に関すること。

(室管理者)

第7条 管理者は、室に室管理者を置く。

2 室管理者は、管理者が指名した職員をもって充てる。

3 室管理者は、室の使用規整及び秩序維持に当たらなければならない。

(防火管理者)

第8条 消防法(昭和23年法律第186号)第8条第1項の規定により、庁舎に防火管理者を置く。

2 防火管理者の職務等必要な事項は、市長が別に定める。

(火元責任者)

第9条 室管理者は、室に火元責任者を定める。

2 火元責任者は、防火管理者の定める計画に基づき、又はその指示に従い、それぞれの所管する室の火災予防に努めなければならない。

(職員の協力義務)

第10条 職員は、庁内の管理に必要な業務に対し、積極的に協力しなければならない。

(庁舎の開閉)

第11条 庁舎の開閉時刻は、管理責任者が別に定めるところによる。

(庁舎の出入)

第12条 管理責任者は、休日又は勤務時間外に庁舎に出入りしようとする者に対し、その氏名及び出入りの目的を明らかにさせるため時間外出入者名簿(様式第1号)に所要事項を記載させることができる。

(鍵の使用)

第13条 施錠できる室の出入口の鍵(以下「鍵」という。)は、管理者が保管する。

(火気の使用制限)

第14条 庁内において、暖房品その他火気を用いる器具を使用するときは、あらかじめ管理責任者に火気使用届(様式第2号)を提出し、承認を受けなければならない。

2 前項の承認は、火気使用承認書(様式第3号)によるものとする。

(会議室等の使用)

第15条 会議室等を使用する者は、管理責任者の承認を受けなければならない。

2 南砺市財産条例(平成28年南砺市条例第49号)第4条の規定による行政財産の使用の許可を受けた市以外の団体等による会議室等の使用は、南砺市庁舎の会議室等の使用に関する規則(平成29年南砺市規則第18号)の定めるところによる。

(許可を要する行為)

第16条 庁内において、次の各号のいずれかに該当する行為をする者は、あらかじめ許可申請書(様式第4号)により、管理責任者の許可を受けなければならない。ただし、市長が別に指定した行為については、この限りでない。

(1) 市の機関以外の者が主催する集会又はこれに類する行為

(2) 市の事務又は事業と関係のない物品の販売、宣伝、勧誘その他これに類する行為をすること。

(3) 公共用又は公共の用を目的とする以外の広告物(ビラ、ポスター、看板、旗、けんすい幕その他これに類する物を含む。)を掲示し、貼り付け、又は配布する等の行為をすること。

(4) 工作物を設置し、又は所定の場所以外に自動車、自転車その他の物件を置くこと。

2 管理責任者は、前項の規定による申請があったときは、その内容を調査し、適当と認めるときは、許可書(様式第5号)を交付する。

(禁止行為)

第17条 何人も庁内において、次に掲げる行為をしてはならない。

(1) 示威又はけん騒にわたる行為をすること。

(2) 職員に面会を強要すること。

(3) 通行の妨害となる行為をすること。

(4) 庁内の施設又は物件を損傷し、庁内の美観を損し、又は不潔な行為をすること。

(5) 危険な場所又は指定された場所以外の場所において喫煙し、又は火気を取り扱う行為をすること。

(6) 銃器、凶器、爆発性物質その他の危険物を庁内に持ち込み、又は持ち込もうとする行為をすること。

(7) 放歌し、高唱し、又はねり歩く等の行為をすること。

(8) 金銭、物質その他の寄附を強要する行為をすること。

(9) 前各号に掲げるもののほか、庁内の秩序の維持又は災害の防止に支障を来たす行為をすること。

(措置命令)

第18条 管理責任者は、前条の規定に違反した者に対し、許可を取り消し、庁内への入場を拒否し、行為を禁止し、又は物件の撤去若しくは搬出を命ずることができる。

2 前項の規定により物件の撤去又は搬出を命ぜられた者がこれに従わないときは、管理責任者がこれを撤去し、又は搬出することができる。

(損害賠償)

第19条 庁内の施設又は物件を損傷し、又は損壊した者は、その損害を賠償しなければならない。

附 則

この規則は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成29年3月29日規則第19号)

この規則は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(令和2年6月30日規則第39号)

この告示は、令和2年7月1日から施行する。

画像

画像

画像

画像

画像

南砺市庁舎等管理規則

平成16年11月1日 規則第5号

(令和2年7月1日施行)