○南砺市庁舎の防火管理に関する要綱

平成16年11月1日

訓令第2号

(趣旨)

第1条 この要綱は、南砺市庁舎等管理規則(平成16年南砺市規則第5号)第8条第2項の規定に基づき、庁舎の防火管理者の職務等防火管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(消防機関との連絡協調等)

第2条 防火管理者は、常に消防機関と連絡を密にするとともに、防火管理の適正を期するよう努力しなければならない。

(消防計画の作成)

第3条 防火管理者は、次の事項について消防計画を作成し、消防署長に届け出るものとする。

(1) 自衛消防組織に関すること。

(2) 消防用設備等の点検及び整備に関すること。

(3) 防火対象物についての火災予防上の自主検査に関すること。

(4) 防火上必要な教育に関すること。

(5) 消火、通報及び避難の訓練の実施に関すること。

(6) 火災その他の災害が発生した場合における消火活動、通報連絡及び避難誘導に関すること。

(7) 前各号に掲げるもののほか、防火管理について必要な事項

(防火管理組織)

第4条 防火管理者は、平素における火災予防を図るため、防火管理組織を編成するものとする。

(自衛消防組織)

第5条 防火管理者は、火災発生時の物的又は人的被害を軽減するため、自衛消防組織を編成するものとする。

(消防訓練)

第6条 防火管理者は、火災発生時の被害を最小限度にとどめるため消防訓練を行い、防火技術の向上に努めなければならない。

(臨時火気使用)

第7条 庁舎で臨時に火気(ストーブ等)を使用しようとする者は、あらかじめ管理責任者の許可を受けなければならない。

2 前項の規定により管理責任者の許可を受けた者は、必要な措置を講じ、防火に万全を期さなければならない。

(警報伝達及び火気使用の制限)

第8条 防火管理者は、次の各号のいずれかに該当するときは、その旨を関係職員に伝達し、火気使用等の中止又は危険場所への立入禁止等、速やかに予防の措置を講じなければならない。

(1) 火災警報発令のとき、又は火災発生の危険があるとき。

(2) 火災による人命安全上の危険が察知されるとき。

(防火教育)

第9条 防火管理者は、随時関係職員に対し、防火管理に関する知識の向上に努めなければならない。

(立入検査の立会い)

第10条 消防職員が庁舎等の立入検査を行うときは、防火管理者が立ち会わなければならない。

(その他)

第11条 この要綱に定めるもののほか、庁舎の防火管理に関し必要な事項は、防火管理者が別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成29年3月30日訓令第8号)

この訓令は、平成29年4月1日から施行する。

附 則(令和2年6月30日訓令第8号)

この訓令は、令和2年7月1日から施行する。

南砺市庁舎の防火管理に関する要綱

平成16年11月1日 訓令第2号

(令和2年7月1日施行)