○南砺市公用車管理等規程

平成16年11月1日

訓令第3号

(趣旨)

第1条 この規程は、法令その他別に定めがあるものを除き、公用車の管理、運行及び安全運転管理に関し必要な事項を定めるものとする。

(用語の意義)

第2条 この規程において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 公用車 市が所有し、かつ管理する道路交通法(昭和35年法律第105号。以下「法」という。)第2条第1項第9号に規定する自動車及び同項第10号に規定する原動機付自転車をいう。

(2) 安全運転管理者 法第74条の2第1項に規定する安全運転管理者をいう。

(3) 副安全運転管理者 法第74条の2第4項に規定する副安全運転管理者をいう。

(4) 整備管理者 道路運送車両法(昭和26年法律第185号)第50条第1項に規定する整備管理者をいう。

(車両管理責任者)

第3条 公用車が配置されている庁舎等に、車両管理責任者(以下「責任者」という。)を置く。

2 次の各号に掲げる庁舎等に置く前項の責任者は、当該各号に定める職にある者をもって充てる。

(1) 城端庁舎、井波庁舎、福野庁舎及び福光庁舎 当該庁舎に設置される行政センターの長

(2) 平行政センター、上平行政センター、利賀行政センター及び井口行政センター 当該行政センターの長

(3) 出先機関が使用する庁舎等 当該出先機関の長

(4) 2以上の出先機関が共同で使用する庁舎等 市長が指定する出先機関の長

(責任者の職務)

第4条 責任者の職務は、次に掲げるとおりとする。

(1) 公用車の管理に関すること。

(2) 公用車の適正な運行管理に関すること。

(3) 公用車の整備点検に関すること。

(安全運転管理)

第5条 職員の安全運転管理は、総務部総務課長(以下「総務課長」という。)がこれを総括する。

2 責任者は、総務課長と協議し、安全運転管理者及び副安全運転管理者を選任しなければならない。

3 安全運転管理者は、道路交通法施行規則(昭和35年総理府令第60号)第9条の10に規定のある事項その他道路交通に関する法令の規定により、事故の防止又は安全運転の励行に努めることを職務とする。

4 職員に公用車の運転を命ずる課等の長(以下「所属長」という。)は、公用車を運転する職員(以下「運転者」という。)を指揮監督し、事故の防止に努めなければならない。

(整備管理者)

第6条 責任者は、総務課長と協議して、整備管理者を選任しなければならない。

(公用車の使用)

第7条 公用車を使用しようとする者は、所属長の命を受けて、責任者の承認を受けるものとする。

2 前項の承認は、運転者の職、氏名、用務、経路、運行の年月日等を明らかにして行わなければならない。

(運転者の遵守事項)

第8条 運転者は、次に掲げる事項を遵守しなければならない。

(1) 道路交通関係法令を遵守し、常に安全運転を励行すること。

(2) 使用前及び使用後に公用車の点検を行い、損傷及び機能の欠陥を発見したときは、直ちに責任者に報告し、その指示を受けること。

(3) 使用後直ちに車両を清掃し、所定の場所に公用車を納めること。

(4) 自動車使用票を確実に記載すること。

(事故の処理)

第9条 運転者は、公用車の運行により事故が発生したときは、法令に定めのある措置を講じた後、直ちに責任者及び所属長に報告し、指示を受けなければならない。

2 所属長は、前項の報告を受けたときは、直ちにその事実を調査し、総務課長に報告するとともに、当該事故の処理をしなければならない。

(その他)

第10条 この規程に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日訓令第2号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月18日訓令第4号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月31日訓令第1号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

南砺市公用車管理等規程

平成16年11月1日 訓令第3号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第1節 事務分掌
沿革情報
平成16年11月1日 訓令第3号
平成18年3月31日 訓令第2号
平成28年3月18日 訓令第4号
令和2年3月31日 訓令第1号