○南砺市住民基本台帳ネットワークシステムに関する個人情報保護要綱

平成16年11月1日

訓令第9号

(目的)

第1条 この要綱は、住民基本台帳法(昭和42年法律第81号)に規定する住民基本台帳ネットワークシステム(以下「住基ネット」という。)の適正な管理のために市長が講ずべき事項等を定め、これを明らかにすることにより、市民の個人情報の保護を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この要綱において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定めるところによる。

(1) 個人情報 住民基本台帳に記載されている4情報(住所、氏名、生年月日及び性別)、住民票コード及びこれらの変更情報をいう。

(2) 職員 市民協働部市民課及び市民センター職員のうち住民基本台帳事務に携わる職員並びに市長が指名する職員をいう。

(3) 事業者 住基ネットの管理運営を委託する事業者をいう。

(市長等の責務)

第3条 市長は、住基ネットの運用事務に当たり、正確な記録が行われるよう事務処理の適正化を図るとともに、住民票記載事項の漏えい、滅失又は損傷の防止その他の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じなければならない。

2 職員又は職員であった者は、個人情報の漏えい等を防止し、その秘密保護に努めなければならない。

(事業者の責務)

第4条 事業者は、個人情報の保護の重要性を認識し、住基ネットの管理運営の実施に当たっては、その取扱いに適正を期し、個人の権利利益を侵害することのないよう努めるとともに、個人情報の保護に関する市の方針に協力しなければならない。

(利用の禁止)

第5条 職員及び事業者は、住基ネット事務によって処理する個人情報を国が指定する業務及び市の行政目的以外に利用してはならない。

(不適正利用等に対する措置)

第6条 市長は、第三者等により個人情報の漏えい又は不適正な利用により市民の基本的人権が侵害されると判断したときは、住基ネットの運用を停止することができる。

(その他)

第7条 この要綱に定めるもののほか、住基ネットの個人情報の保護に関し必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成18年3月31日訓令第2号)

この訓令は、平成18年4月1日から施行する。

附 則(平成25年3月21日訓令第3号)

この訓令は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月18日訓令第4号)

この訓令は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月31日訓令第1号)

この訓令は、令和2年4月1日から施行する。

附 則(令和2年6月30日訓令第11号)

この訓令は、南砺市市民センター設置条例(令和2年南砺市条例第1号)の施行の日(令和2年7月1日)から施行する。

南砺市住民基本台帳ネットワークシステムに関する個人情報保護要綱

平成16年11月1日 訓令第9号

(令和2年7月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第6節
沿革情報
平成16年11月1日 訓令第9号
平成18年3月31日 訓令第2号
平成25年3月21日 訓令第3号
平成28年3月18日 訓令第4号
令和2年3月31日 訓令第1号
令和2年6月30日 訓令第11号