○南砺市生活安全規則

平成16年11月1日

規則第18号

(目的)

第1条 この規則は、犯罪、事故その他市民生活に悪影響を及ぼす不安、脅威、危険等を未然に防止し、市民が安全に安心して暮らせるまちづくりについて、行政、市民及び事業者の役割を明らかにするとともに、一体となって安全に安心して暮らせる地域社会の実現を図ることを目的とする。

(定義)

第2条 この規則において「市民」とは、市に住所を有する者及び市内に勤務地を有する者又は滞在する者並びに市内に所在する土地、建物、商店、事業所等の所有者及び管理者をいい、「事業者」とは、市内において事業を行い、又は活動するすべての法人若しくは個人その他の団体をいう。

(行政の役割)

第3条 市長は、この規則の目的を達成するため、次に掲げる事項について必要な施策を講ずるよう努めるものとする。

(1) 安全に安心して暮らせるまちづくりに向けての市民意識の高揚のための啓発活動に関すること。

(2) 安全に安心して暮らせるまちづくりに向けての市民の自主的な活動の促進に関すること。

(3) 安全に安心して暮らせるまちづくりに向けての環境整備に関すること。

(4) 前3号に掲げるもののほか、この規則の目的を達成するために必要な事項

2 市長は、前項各号に掲げる事項を実施するときは、必要と認める関係機関及び関係団体と密接な連携を図るものとする。

(市民の役割)

第4条 市民は、安全に安心して暮らせるまちづくりに向けて、地域における連帯意識を高めるとともに、自ら生活安全に必要な知識及び技術を習得する等の措置を講ずるよう努めるものとする。

2 市民は、この規則の目的を達成するために行う市の施策が効果的に行われるように協力するものとする。

(事業者の役割)

第5条 事業者は、事業活動を行うに当たっては、安全に安心して暮らせるまちづくりに向けて、安全に配慮し当該事業活動に使用する設備等の点検等の必要な措置を講ずるよう努めるものとする。

2 事業者は、その従業員が安全に安心して暮らせるまちづくりに向けて必要な知識及び技術を習得する機会を提供するよう努めなければならない。

3 事業者は、この規則の目的を達成するために行う市の施策が効果的に行われるように協力するものとする。

(団体への助成等)

第6条 市長は、この規則の目的を達成するために活動する団体に対し、助成その他の援助を行うことができる。

(協議会)

第7条 安全に安心して暮らせるまちづくりを推進するため、南砺市生活安全推進協議会(以下「協議会」という。)を設置する。

2 協議会は、安全に安心して暮らせるまちづくりを推進するため、広く協議を行い、重要な事項について市長に意見を述べることができる。

3 協議会は、委員40人以内で組織する。

(委員)

第8条 協議会の委員は、次に掲げる者のうちから、市長が委嘱する。

(1) 生活安全推進のために活動する団体の代表者

(2) 識見を有する者その他生活安全推進に関し熱意があると認められる者

(3) 行政機関の職員

(4) 前3号に掲げるもののほか、市長が必要と認める者

2 委員の任期は1年とし、再任は妨げない。ただし、補欠により委員となったものの任期は、前任者の残任期間とする。

(会長及び副会長)

第9条 協議会に次の役員を置く。

(1) 会長 1人

(2) 副会長 2人

2 会長は、市長をもって充てる。

3 会長は、会務を総理し、協議会を代表する。

4 副会長は、会長を補佐し、会長に事故があるとき、又は会長が欠けたときは、その職務を代理する。

(会議等)

第10条 協議会は、必要に応じて会長が招集し、会長が議長となる。

2 協議会は、協議のため必要があると認めるときは、関係職員、関係行政機関の職員等に対し、会議において説明若しくは必要な資料の提出を求め、又は意見を聴くことができる。

(事務局)

第11条 協議会の事務局は、市民協働部生活環境課に置く。

(その他)

第12条 この規則に定めるもののほか、必要な事項は、市長が別に定める。

附 則

この規則は、平成16年11月1日から施行する。

附 則(平成25年3月21日規則第5号)

この規則は、平成25年4月1日から施行する。

附 則(平成28年3月18日規則第16号)

この規則は、平成28年4月1日から施行する。

附 則(令和2年3月31日規則第16号)

この規則は、令和2年4月1日から施行する。

南砺市生活安全規則

平成16年11月1日 規則第18号

(令和2年4月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第7節 交通・生活安全対策
沿革情報
平成16年11月1日 規則第18号
平成25年3月21日 規則第5号
平成28年3月18日 規則第16号
令和2年3月31日 規則第16号