○南砺市防災行政無線局(移動系)運用細則

平成16年11月1日

訓令第17号

(目的)

第1条 この訓令は、電波法(昭和25年法律第131号)、電波法施行規則(昭和25年電波監理委員会規則第14号)及び無線局運用規則(昭和25年電波監理委員会規則第17号)に定めるもののほか、南砺市防災行政無線施設管理運用規程(平成16年南砺市訓令第15号。以下「規程」という。)第10条に基づき、南砺市防災行政無線局(移動系)の円滑な運用を行うことを目的とする。

(通信の種類)

第2条 通信の種類は、緊急通信及び一般通信とする。

(通信事項)

第3条 通信事項は、南砺市地域防災計画に定める防災対策業務及び行政事務に関する事項とし、おおむね次に掲げるものとする。

(1) 風雨、強風、大雨、大雪、洪水、雪崩及び火災等非常事態に関すること。

(2) 火山爆発又は地震の危険が予知された場合の情報に関すること。

(3) 住民の生命にかかわる等緊急又は重要な事項に関すること。

(4) 災害の情報収集及び情報の伝達に関すること。

(5) 市長が特に認めた事項に関すること。

(通信の原則)

第4条 通信を行うときは、次に掲げることを守らなければならない。

(1) 必要のない無線通信を行ってはならない。

(2) 無線通信に使用する用語は、暗号又は隠語を使用せず、できる限り簡潔でなければならない。

(3) 無線通信を行うときは、自局の呼出名称を付して、その出所を明らかにしなければならない。

(4) 無線通信は、正確に行い、通信上の誤りを知ったときは、直ちに訂正しなければならない。

(5) 無線通信における送信は、語句を区切り、かつ明瞭に発音して行わなければならない。

(6) 前号の送信における送信速度は、受信者が筆記できる程度のものでなければならない。

(通信前の措置)

第5条 無線局は、相手局を呼び出そうとするときは、他の通信が行われていないことを確かめなければならない。

2 前項の場合において、他の通信が行われているときは、その通信が終了した後でなければ呼び出しをしてはならない。

(通信時間)

第6条 無線局は、常時運用するものとする。ただし、平常時においては、執務時間内運用を原則とする。

(通信の原則)

第7条 管理責任者は、災害発生その他特に理由があるときは、通信を制限することができる。

(目的外使用の禁止)

第8条 無線局は、免許状に記載された目的又は通信の相手方若しくは通信事項の範囲を超えて運用してはならない。

(混信等の防止)

第9条 無線局は、他の無線局にその運用を阻害するような混信を与えないよう運用しなければならない。

附 則

この訓令は、平成16年11月1日から施行する。

南砺市防災行政無線局(移動系)運用細則

平成16年11月1日 訓令第17号

(平成16年11月1日施行)

体系情報
第3編 執行機関/第1章 長/第9節 通信施設
沿革情報
平成16年11月1日 訓令第17号